fc2ブログ

けむけむの投資日記

大掃除?寒すぎる

久々に外出、そう優待券を消費するためにワイヤレスイヤホンを取り出したまではいいのですが、
ん?繋がらない?

イヤホンは、BOSEのQuietComfort Earbuds II。
今年頭に購入した、そこそこ新しいもの。

んん?
スマホの電源を入れ直しても、イヤホン側をリセットしても繋がらず。
一度接続情報を削除して、新たに繋げ直そうとしても、QuietComfort Earbuds IIの情報が出てこない。
あ~、これ壊れたか。

ここ1ヶ月くらい使ってなかったのですが、繋がらないといった問題があったこともなく。
結構いきなりでしたね。

一応、購入した家電量販店に行って、接続確認してもらうも同様にQuietComfort Earbuds IIの情報が出てこない。
スマホの問題ではなく、イヤホンの問題はほぼ確定。

で、BOSEのサポセンに電話したところ、着払いで送ってくれとのこと。先日送りました。
本来なら数週間かけて問題を確認した上で、修理なり新しい製品を送るらしいのですが、年末年始を挟むので早急に対応してもらえたらしく、新しい代替品を送付手続きしているとのことでした。

なお、故障したイヤホンは去年発売されていたものなんですが、下記新しい製品が出たらしく廃番。
Bose QuietComfort Ultra Earbuds
なので、送られてくるのはこの新しいワイヤレスイヤホンとのこと。

別にお得感がある訳でもないのですが、製品の保証が届いてから1年らしいので、保証期間が延びた分お得?
どうだろう?

なお、このイヤホンを選択したのは、ノイズキャンセリング機能が優秀だったため。
ただ、元から優秀だったのもあって、新しいイヤホンになってもそれほどかわりがないとのこと。
これは届いてからいろいろと試して見たい感じです。


さて、イヤホンの話が長くなりすぎましたが、、、
本題の大掃除の話。

正月明け早々、来客の予定があるのもあって、今年は本格的に大掃除をやっていたりします。
いや、嘘つきました!
これからやろうとしています!笑

で、山積みになっている本を整理する、それから始めようと思ったのですが、
本部屋は暖房器具がありません。そう、エアコンを設置していません。
だから、寒いのなんの。

室温14度。
外気温が10度くらいらしいので、少しは温かいのかもしれませんが。

にしても、数年、ちゃんと本を整理していなかったので、もう、ね。
これ年内に終わるのか?と。

1)本棚の中板は既に購入済み
2)本棚の中板を調整して、外に山積みになっている本を収納する
3)2の収納する際、本の整理を行う。

ぬ~、、、
とりあえず、2の中板の調整くらいは、寒くても全部終わらせたい、そう、年内に。
終わるかなぁ・・・。なにせ10枚以上あるから、一度本を取り出してからになるし、う~ん。


こまつた!


●おまけ
う~ん、もう人を呼ぶのは、冬場は禁止にしようと思う。
部屋の片付けが寒てくてやってれない!
とはいえ、来客がないと、部屋の片付けをサボってしまう自分がいる訳で。
たまに人がくるのも悪いとは言わないが・・・。
う~ん。

●今日の1枚
これ、ファミレスのステーキのどんのハンバーグ、どんタワーハンバーグです。
ハンバーグが3段になっているハンバーグで、とりあえず、優待をたくさん使うよう、高いものを頼んだ感じ。
というのも、安楽亭の半額優待券、1万円弱残っていて、これが年内が期限。
デザートとかも頼んで約3000円。優待券を使って1500円程度でした。
もう、ハンバーグはいいや!って感じになるくらい食べた感じ。
なお、まだまだたくさん優待券が残っていましたが、知り合いに残りは全部あげてしまいました。
もう、食べ切れぬ!
PXL_20231225_045822684_R.png

●今日の紹介
紹介は終わりかな。
アマゾンが画像リンクを廃止しちゃいました。
一度、画像リンクを廃止した後に、復活したのですが、結局廃止したらしい。
なので、自分の紹介したいものはまだまだあるのですが、面倒すぎるので止めることに。
どうして廃止なんだろうね。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/28(木) 14:51:19|
  2. 生活一般の話
  3. | コメント:0

SBI証券の不正。行政処分はどうなるだろう?

●証券取引等監視委員会より、以下リンク
「株式会社SBI証券に対する検査結果に基づく勧告について」

●モハPチャンネルより、以下動画



自分がSBI証券で取引をしないことを決定したのは、ほふり(保管振替制度)で株式等の金融商品を別証券会社に移管したとき過去の情報は移管されないから。
移管されるときの情報となるから過去の情報が見れなくなる。

例えば、分配金がある投資信託を購入し、分配金を再投資をしたとしよう。
その場合、過去の分配金および、その再投資でどのように増えていったかの履歴は移管されない。
どのような分配金が繰り返され、口数が増えていったといった履歴を見ることができない。

これが致命的に嫌だったから。


今もそうかもしれませんが、自分がやっている楽天証券の場合とSBI証券の場合とを比較したとき、その付与されるポイントに大きな差がありました。
ですが、その何万円にもなる差を考えても、履歴をみれないというのを嫌がったということです。


次に、楽天証券のインターフェースが使い勝手がいいので、これをそのまま使いたいという考えだったため。
実際に使ったことはないのですが(口座がそもそもない)、SBI証券のインターフェースはいまいちという書き込みを少なからず見かけるので。


最後に、これも大きい理由ですが、SBIソーシャルレンディングの不正の対応があまりに酷かったから。
募集要項通りに投資がされておらず、元本しか返さないとか。
投資家をなんだと思っているのか?と。
元本返す、それが嫌なら個別裁判でもすれば?といった感じで、もうこいつ何様とおもったのもあります。

今回の件もあって、SBI証券をはじめとしたSBIグループは、コンプライアンスを守る、遵法意識が低いのでは?と。
だから、今回の件も驚きもしませんね。


怪しい企業とは付き合わない。
まぁ、楽天証券は親会社が経営的に大丈夫か?と思うところはあれど、何か不正したとかありませんし。
みずほ証券と合併しないよね?と不安はあれど、まぁ、大丈夫じゃね?と思って、たぶん投資を止めない限り使い続けるでしょうね。
みずほ証券と合併したら、ちょっと考えるくらい。


にしても、詳細はモハPチャンネルさんが詳しく動画にしているので、それを見てもらうとして、、、
未だ不正する証券会社があったとは、驚きというより、呆れですわ。
とてもじゃないけど、今までも、これからもSBI関係と大きく関わることはなさそうです。

●おまけ
行政処分の勧告が出ただけで、まだどんな行政処分がくだされるかは決まってない模様。

●今日の1枚
趣味の範疇で少しだけ購入。
験担ぎってほどじゃないのですが、組番号に7があるものを購入しています。
まぁ、そんな験担ぎでは当たるわけもありません。
一度でいいから1万円以上当たって欲しいものです。
PXL_20231126_043638828_R.png

●今日の紹介
自分の保有している2台の折りたたみ自転車ですが、1台がBROMPTONという英国の自転車です。
円安も進んだせいか値段が上がって、もとより手を出しづらい値段の自転車でしたため、入手ハードルが高いものに。
まぁ、そんな安くもない自転車でもあるので、盗難されたらたぶん、大きく凹む。
ということで、がっちりした鍵を!と、ABUSのチェーンロックを使っています。
ただねぇ、セキュリティーを上げれば上げるほど、重くなっていくのがこの自転車のチェーン。
とはいえ、安心を購入する!という前には、これくらいは最低でも必要なのだと思うところです。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/24(日) 23:22:17|
  2. 投資の話
  3. | コメント:0

NISAが充実してきた今、iDeCoはどうするべきか?

新NISAが来年から。
もう後、1週間程度で2024年になりますから、すぐにということでもあります。

自分の場合、今の相場を見る限り急いでやる必要もないと思っているので、様子見。
既に5年分、1800万円は確保済みですが、これらはどこか超短期の定期預金や債権などに。
面倒なら普通預金のままにしておくか、証券会社に口座に入れておくだけになりそう。


さて、NISAは上記でも書いた通り最大1800万円まで投資ができることになります。
老後2000万円問題ということがちょっと前に話題にあがっていましたが、上記1800万円を新NISAに投入できる人なら、この問題の大半は解消できるでしょう。
1割増えればいいだけなので、10年や20年といった長期を見越すなら達成はそこまで難しくないでしょうから。

そうなると、もう投資って新NISAの枠内で十分となる可能性すらも。


さて、ここでNISAからiDeCoに話を変えるとして、
iDeCoの大きなメリットは、
・掛金が全額所得控除の対象となる
・受け取る際に控除が適用される
の2点。

会社員時代なら上記の全額所得控除が大きい。
普通の会社員として働いていたとして、上限まで掛金を投入していたら、そこそこの額になります。


ただ、メリット以上のデメリットもある理由で、
・60歳まで引き出すことができない
・額が小さい(普通の会社員だと月額23000円)
・口座管理手数料や運用管理費用がかかる
・特別法人税がある(ただし、税を課すことを延期中)

全部が大きなデメリット。
特に最後のところは、増税大好き政権が復活させるリスクがあり、これが小さくない。
こんな特別法人税が取られるようになったら、とてもじゃないけど、NISA枠に勝てるわけがない。
これなら普通に特定口座で投資をしていればいい。


既にiDeCoをしている人は、結局止めたくても止めれない。
これが自分のようなアラフィフならともかく、20代や30代ともなれば、長くを付き合わなければならない。
そして、それら何十年も先になるまで引き下ろすことができない。
新NISAができた今、デメリットが大きすぎて、やる必要がなければ、やってはいけない!というレベルまで酷い仕組みになってしまった。


新NISAで十分となった今、iDeCoは限りなく廃れていくだろうし、寧ろなくなっていいと思うくらいではあります。


●おまけ
2023年の投資の総括のために投資情報をまとめないと。
面倒だけど、やり始めるか!

●今日の1枚
年内あと少しですが、、
・安楽亭
・コロワイド系(アトム&かっぱ寿司)
の優待が残っている。寒いので、自転車ではなく電車で店舗まで行って消費するつもりだけど。
コロワイド系は4000円分。これは使う。
安楽亭の方はどうしようかな?。ステーキのどんあたりなら近場でいけるから、そっちで消費するか。

PXL_20231223_113220205_R.png


●今日の紹介
寒くなって鼻水がでるようなとき、鼻を掃除するためにこのハナクリーンを使っています。
花粉の時期はこれはやったほうがいいじゃなくって、やっておくべきだ!になります。
常に状態よく鼻をキープしておきたいなら、毎日やってもいいくらい。
おすすめ。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/23(土) 21:09:25|
  2. 投資の話
  3. | コメント:2

FIREと相性が悪いふるさと納税

PXL_20231218_165523810_R.png

Youtube見ていたら、ドコモのふるさと納税のCMが。
ん~?
もとより興味がなかったけれども、無料でならということと、手続きはどれほど面倒なのかな?と受講してきました。


ふるさと納税の知識は一通りもっていて、会社員時代から知ってはいましたが、昔から興味がなく。
というのも、
1) ふるさと納税の大半は食品ばかり、自炊しないのに貰っても
2) 額がそこまで大きくもなく、メリットらしいメリットにもなりえない
3) 特別応援したい、そんな市区町村がある訳でもなく
といった感じ。

昔はともかく、今はいろいろ問題があって概ね3割程度のリターンだとか。

でね、そもそも会社員時代の収入が多くて税をそれなりに支払っていた頃と違って、今は調整して住民税非課税世帯になるように収入を抑制しています。
具体的に言うと、株や投資信託といった申告分離課税の金融商品を購入して課税所得を0円にするという。
ソーシャルレンディングのような雑所得となる金融商品の場合、あまりたくさん購入して税が発生しないよう、そう調整している感じです。


さて、上記のように住民税非課税世帯となるような人がいたとして、、、
税?そんなもの支払ってないよ?
ということなら、ふるさと納税の効果はまったくありません。
もしするとしても、ただただ寄付する、そんな感じ。
その寄付の3割程度の食品を貰ってもね。
意味がない。

そんなことをするくらいなら、普通に買った方がいいだけです。


FIREするなら住民税非課税世帯!
という考えの元で行動していると、本当にふるさと納税と相性が悪いというか、意味がない。
やるだけ無駄!ということになります。


もし、将来雑所得や事業所得で税を多く支払うような状況になったとき、どれほど確定申告が面倒になるのかな?という観点から受講してきましたが、額が小さい(今も将来も1000万円を超えるような所得となりえない)ので確定申告が面倒とかそういうレベル以前にないないって話になりそう。

まぁ、確定申告はそんなに大変でも難しくもなさそうでしたけどね。
今年も今後もやらないし、関係ないということで終わり。

先日受講したメルカリのセミナーは本当に役立ちましたが、今回はちょっと外れといった感じになりました。
もうちょっと何か節税につながる、そんな話も聞けたら?と思ってましたが、まぁ、そんな話にはなり得ませんでしたね。
予想通りといったところでしょうか。


●今日の紹介
何気にタバスコが好きです。
トマト系のパスタやピザを食べる時は間違いなく使っています。
小さい50mlだと結構すぐに無くなるので、いつもこの150mlのを買っています。



なお、こんなでかい瓶のタバスコもあるらしいです。見たことないですが 笑

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/19(火) 02:18:10|
  2. FIRE(経済的自立による早期リタイア)
  3. | コメント:0

10数年ぶりに

FIREしたというか、引退してもう働かなくなった場合、会社との接点がなくなることは少なくないと思う。
それに加えてコロナがあって、飲み会を開くという機会が減ってしまったのを考えると。
コロナ時期、概ね3~4年前後だと思うが、過去の会社員時代の人と会うことがほぼ無くなる。

そのまま疎遠になって、会うことがなくなる。

うむ~。
仕方ないとはいえ、ちょっと残念だと思う。


だからか、たまたま忘年会というイベントで、呼ばれることがあるのなら、ほいほいと行くのも面白い。
もう、コロナというものは意識する必要がないし、昔のように面白おかしく飲み会をするのも手だよね!って。

久しぶりの人だと10年以上ぶり。
もう、名前がちょっと出てこない!って感じすらある人もいたりして面白かったよ。
ちゃんと名前は覚えているものですやね。
そう、あの頃、本当に大変な時期を一緒した人たちだから。
まぁ、10数年ぶりに合って、話すは当時の大変な話ばかり。


そういえば、引退して5年ちかく経つ自分の生活を、思ったよりいろいろ聞かれた。
特にお酒、いや、ワインを消費したく。どうにかならないかな?と思っていたところ、そのうち、飲み会でもやろうということに。
いいね。
自分家の冷蔵庫の野菜室に眠っている、飲みもしないワインが消費されるなら、大歓迎である。


コロナが終わって久しいと思えば、こういうイベントがたくさんあればと思うところではあります。


●今日の1枚
いきなりステーキにて、赤身の肩ロースステーキ。
メニューより写真写りが悪いけれども、これ思ったより美味しかった。
最初から切られているので、自分でナイフ&フォークを使わず箸だけで食べられるという。
自分は、ブロッコリー変更&パテ抜きでお願いしたところ。
これ、300g。
赤身でもあるので、軽く食べられた感じ。450gでもいけると思う
肉マネークーポン300円がなくなる前にと行ったけれども、これ美味しかったので、再び行こうかなと思っているところ。
PXL_20231212_050829709_R.png


●今日の紹介
”淡海乃海 水面が揺れる時”です。
小説家になろう時代から、楽しんで読んでいる作品。
小説としては15巻まで出ている。
Kindle Unlimitedでなら無料で読むことができる巻もあるので、一度歴史物が好きな肩なら一読されてはと。おすすめ!。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/13(水) 23:42:39|
  2. 生活一般の話
  3. | コメント:0

Fundsの抽選に当たった(おまけ2が本題?

Funds20231211_R.png

Fundsの抽選に当選しました。

現在、Fundsには約200万円投資しています。
いままでは、応援したい企業のファンドや抽選ファンドを中心に投資をしてきましたが、ちょっと余剰資金が増えてきていることもあって、以下の条件に合致するするファンドにもう少し積極的に投資をしてもいいかな?と思っています。

1) 予定運用期間が12ヶ月以内のファンド
2) #1、#2のような同じファンドの場合は、1つだけに
3) 予定利回りが2%以上のファンドに積極的に
4) 応援した企業または、面白そうなFunds優待がある場合は、条件無視しての投資もあり

まぁ、なんでもござれって感じでしょうか。

自分の場合、そんな遠くない未来に市場が暴落すると見ていますが、もし本当に暴落したとしても即座に飛びつくのは控えようと考えています。
概ね、半年から1年。もう下がりきったかな?と思ったところで余剰資金を投入。
そういう観点でいうと、予定運用期間が12ヶ月以内という運用期間の金融商品は結構便利。

あくまでも余剰資金の退避場所として使うということ。

CREALのがいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、CREALの場合、想定運用期間が長く24ヶ月あるのがネック。
いざ暴落が発生し、もう投資してもいい状況だよね!と思っても投資中ということになりそうだから。
この条件が合致しない限り、たまに投資するくらいがいいのかなと。
もし、あまりに長期、そう1年以上投資をしていないような状況が続くようなら、クラウドバンクと同じように資金引き上げしてもいいのかな。


●以下、アフィリエイトリンクです(かなり久しぶりに貼ってみる)
Funds


●おまけ
今回のFundsの当選したファンドの場合、抽選だから!と飛びついて投資しましたが、思えばちょっと利回りどうなん?って話もなくもなく。
もしかしたら、申込みがそこまで多くなかったのかも?
ちょっと反省!

●おまけ2(本題?)
結局、自分の投資に対する根底には、リーマンショックで暴落に巻き込まれた後に、手持ち資金がなく何もできなかった!というのが大きいのだと思う。
それと、失敗は失敗として反省するべきところは反省するとしても、その失敗を繰り返さないということこそ重要だと思っているのもあります。
リーマンショック前、もうフルポジションで給与が毎月あるのを良いことに、ほぼ全額余剰資金を投資にまわしてましたからね。
余剰資金?給与日前に1万円くらいあれば十分でしょう?って感じ。
だから、リーマンショックで市場が弾けた時、手持ち資金はほぼなく。
毎月の給与や賞与を貯めておき、それらが貯まってから投資を再開となり、それはもうスタートダッシュとはちょっと違いますが、タイミングを逸した感じでして。
暴落後の徐々に上がりはじめた後に余剰資金が多くあったら!と。それはもう。。。

ただね、わかって欲しいのは、若い時分から大きな入金力に頼って多額の投資を全力でする方が大きな資産を形成できる。
これは、
・若い時分なら失敗してリカバリーできる時間がまだある
・最初から大きな資金を投入した方が複利の恩恵を大きく受けることができる
・市場が概ね右肩上がりであることを信じるのなら、投資をしない手はない
という理由から。
当時は、常に右肩上がりを過信していたのもありますが、狼狽売りもせず耐えるべきところを耐えプラスで売り抜けることができたことを思えば、間違いとも言い切れず。
ただ、余剰資金が無い!というのだけは、残念で残念で。

だから、今の株価が低迷している時期をもって、余剰資金を大きく作ろうと思う次第です。
当たらなくてもいい。倒れるのなら前向きに!といったところでしょうか。
市場を完全に読める人なんていませんが、市場を読める範囲で読もうという考えのもと、自分の保有する余剰資金こと投資資金をどのように管理するべきか!というのは大事だと思うだけに。
SP500チャートより縦20231211_R


●今日の紹介
紅茶に大きなこだわりがある訳でもないので、冬の寒い時期に暖かい飲料としてこの日東紅茶を購入することが。
紅茶は、一番癖がないのが好きかな。
そして、この日東紅茶ですが100パック入っていても高くない。
緑茶とかだと15パックくらいでも1000円近くしないと美味しいのが飲めないのに比べて、本当にコストパフォーマンスがいい。
なお、100パックは1日1つ利用しても3ヶ月ちかく。
今飲んでいるのは、今年の頭に購入したヤツ。多すぎには注意かも。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/11(月) 16:01:30|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0

タンス預金の話

●ファイナンシャルフィールド(ヤフーニュス)より、以下リンク
「タンス預金の200万円があります。ウチは田舎の民家ですし、調査が入ってバレるなんてことはないですよね……?」

上記記事を読んで最初に思ったのは、不正で得た資金じゃないのなら、タンス預金で罪に問われることもないし、調査が入るわけもなかろうと。
次に思ったのは、ちゃんと相続の時は、申請しろよな。

その2点くらい。
こんなのを質問する輩がいて、それが記事になる。
あまりの馬鹿馬鹿しさに苦笑すら出てこず、ただただ呆れた。
ここまで、日本の金融リテラシーは低いのか!とね。
バカバカしい。


さて、上記記事のバカバカしさは置いておくとして、タンス預金の話。
まず最初にタンス預金で思うことがあるとするなら、
1) 震災や水害など災害発生時で銀行やATMでお金をおろせない場合を想定し、1週間程度の現金はあってもいいと思う
2) タンス預金という現金が大きい額過ぎた場合、防犯的に問題になろうて
3) タンス預金は、そこにお金があるだけ。何もタンス預金からは生み出さない

1は災害大国日本ですから、1人あたり数万円程度あってもいいかと。
通信網が壊れて復旧するまで、現金しか使えない場合も想定したほうがいいという話。
毎年発生する話でもありませんが、数十年に1度くらいの頻度では発生しうるくらいの感覚。
大した額でもないので、それくらい用意しておいてもいいという。

2はそのまま。
自宅に数百万円や数千万円もあったら、強盗に入られて盗まれた戻ってこないでしょう?と。
というより、なんでそんなに自宅においてあるのですか?と問いたい。
いらないでしょうに。

3もそのままの話。
まぁ、銀行の定期預金や普通預金にあずけていたところで利子なんて雀の涙程度ではありますが。
それより2を考えると、銀行にでも預けておいた方が安全。
将来、相続で脱税を予定しているとかそういうことを考えていないのなら、タンス預金にしておく必要がありません。



こういう疑問を持つこと自体が悪いとは言いませんが、
そんなことをわざわざ質問するほど金融リテラシーがないことに本当に呆れた感じ。
いったい、何をしたいのやら。


●おまけ
愚かな金融庁は、更に愚かな金融リテラシーがない国民向けに、Youtubeに動画でも上げれば?と。
いや、ヒカキンとかひろゆきあたりに、仕事として金融リテラシーを高める動画を作ってもらうよう、依頼するとか?

ん~、ないか。
ないね!。

●今日の紹介
寒い、寒すぎるこの頃。
だから、温かいお風呂に入ったり、温かいお茶を飲んだり。
で、お茶の時は、キリンのアルカリイオン水を飲んでいたですが、終売になっていたみたい。
だから、今度は、後継のこのうミネラルウォーターを買う予定です。


●今日の1枚
防災を兼ねて、2リットルサイズのミネラルウォーターを複数本購入しています。
2リットルが6本で1ケース。
で、10ケースほど購入して備蓄。
冬場は、そのミネラルウォーターをお茶で消費して、新しいのを書い直しています。
そろそろヤマダ電機の優待券が到着するので、それを使ってまた10ケースほど購入予定です。
次回は、上記の紹介でも書いた自然が磨いた天然水になりそうです。
PXL_20231209_105744728_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/09(土) 20:05:34|
  2. お金の話
  3. | コメント:0

アセットアロケーションってあまり言われなくなったように感じる

●トウシルより、以下リンク
「新NISA戦略で大事なこと:銘柄選びや売買タイミングより「アセット・アロケーション」」

「NISAのインデックス投資は「オールカントリー」と「S&P500」のどちらがいい?」

昔の投資の本や雑誌だと、また投資信託だと、アセットアロケーションを意識した話や金融商品が多かったように感じる。

●Wikipediaより、以下リンク
「アセットアロケーション」

以下、引用。
アセットアロケーション(資産配分) とは、投資家のリスク許容度、目標、時間軸に応じて、ポートフォリオ内の各資産の割合を調整することにより、リスクとリターンのバランスを取ろうとする投資戦略である。

自分がよく読んだ資料などからは、以下のような構成より、リスクを取りたいなら株式を、そうじゃないのなら債権をと。
・国内株式
・海外株式
・国内債権
・海外債権
・その他(不動産など)

どのようなアセットアロケーションにするかは、GPIFの基本ポートフォリオの考え方を参考にするといいのかも。

以下は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオの考え方。
●GPIFより、以下リンク
「基本ポートフォリオの考え方」

上記より、ポートフォリオの表を引用。
GPIFポートフォリオ20231208_R

均等に4つに分散させ、そこより、乖離許容幅で過不足などを調整する。
過去のGPIFをの運用を見ると、国内債権の比率が高かったけれども、今現在だと以下。

「2023年度の運用状況」

以下引用。
GPIFポートフォリオ現在20231208_R

結構予定通りに綺麗に分散させています。

それで、今のGPIFの実績ですが、2001年以降の推移が載ってました。
以下引用。
GPIF累積収益推移20231208_R

収益額は別として、収益率ですが、約20年の運用で年率3.91%。
2014年以前は、国内債権の比率が60%近くと大きかったのもあります。

今のような構成になったとき、また米国株が全盛を極めたのもあってか、最近10年くらいで見るとその伸びも大きい。
思ったよりもいい運用成績。



さて、今の運用というと、
オールカントリーにしようか?それとも、S&P500あたりにしようか?と株式全振り!

おいおい、それってリスクをどう見なしているんだ?
オールカントリーやS&P500のように株式全振りとはいえ、多くの株式や国々に分散させるなら、リスクは低くなるとでも?

結局、そういう意見が多く、またここ10年の実績などから、過度に株式に対するリスクが低く見積もられているような気がします。
自分もそんな気分になってるからなぁ。


投資における投入額の多寡も重要ではありますが、このポートフォリオというかアセットアロケーションも重要です。
そう考えると、今のオールカントリーとS&P500のどちらにする?といった話は、過度なリスクを取りすぎてませんか?と。


まぁ、自分はもっとリスクが高い個別株投資ですから、何を今更という話ではあります。

これは、新規に投資を新NISAで始めようと考えている人たち向け(?)といった話になりそう。


何時の頃からでしょうかね?
たぶん、ここ5~10年くらい、そう、リーマンショックの傷が癒え、米国株が絶好調となってからか。
もう、誰も彼もが米国株だけで十分と思うように。

米国株か?全世界株か?の選択だけであって、債権とか完全無視。


いいのかな?と思わざるを得ない。
たぶん、あの時は、株式だけしか考えてなかったよね、という話になりそう。


●おまけ
渦中にいると、俯瞰して見ることができなくなるのですよね?
って話でした。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/09(土) 00:02:15|
  2. 投資の話
  3. | コメント:2

投資、今からと数年前からの違い

ここ数年の米国株の上昇を考えると、数年前から投資を始めた人の大半は、それも米国中心とした投資をしていた人は黒字、いや、大きな黒字になっていると思う。

今でこそ微妙でしょうが、ちょっと前まではレバナスが大いにもてはやされており、その勢いに上手く乗れた人は、資産倍増となっているかと。

だから、数十万円とか数百万円とか、そういうレベルではなく、8桁、そう、1000万円以上の含み益を抱えている人も少なくないのだと思う。


来年から新NISAが始まるので、それに伴う記事が量産されています。
それは、投資雑誌や投資ブログ、また投資系Youtuberとか、そういろいろと。
そういう情報ソースには、コメント欄があり、そこには、”新NISAが始まるので投資をはじめたい!”といった書き込みも。

今ままで投資をしてなかったが、これからやってみたい!と思う人の場合、投資はしてこなかったのですから含み益もなければ、含み損もない。
そういうステータスとなります。


さて、投資をはじめるに当たって、最初から含み損を抱えたいと思う人はいないと思います。
ここで思うは、含み損という状態をして、損をしているということをどれほど許容できるか?と。
上で書いたような数年前から投資を始めて、例えば金融資産が投入額の1.5倍になっている人がいた場合、金融資産が3分の2になるまで含み損にならない。
含み損を抱えるまで余裕があるということになります。
それは、これから投資を始める人との違い、そう大きな違いとなります。

だれだって投資をして、含み損を大きく抱えたい人はいません。
市場が大きく暴落したとき、今から始める人と、既に大きな含み益を持っているひとでは、含み損を抱えるまでの猶予となる期間も含み損の額も違う。

本当に耐えられますか?と言いたくもなります。
そう、リーマンショック以降に投資を初めた人で負けない投資をしてきた人は、含み損の状態を経験したことすらないから、投資に対して力強いことを言っていたりも。

ただねぇ・・・。

余裕資金も多いので、新NISA枠を全部使うような投資を始める!
米国や中国といったところの景気低迷が顕著となり、各指数が大きく下がり始める。
それは、オールカントリーやS&P500などでも。
新NISA枠上限で投資した資産が、約3分の2くらいまで下がってしまった。
その含み損は100万円を優に超えてしまった。

そういうシチュエーションを想像してみてください。
これが数年前から投資をして、含み益が1000万円以上あるなら、投資なんて中長期で見れば右肩上がりで、今は下がっているけれども、そのうち上がるに違いない。
投資たるもの20年や30年後を見越して考えないとね!なんて、余裕綽々な発言とかしそうです。

投資をはじめたばかりの人が、含み益がない状況から始めて100万円以上の含み損に耐えられる?

耐えられる人もいるでしょうけど、半分以上は狼狽売りした後に、投資を止めそう。
そんな感想。


だから、今この時期に、それも投資をはじめてやる!と言っている人をみて、どこまで耐えられるかなぁ。。。っと。
いや、まだ市場が下落している訳でもありませんし、耐えられるとか、そういう話でもないのですが。


言ったよね!、今の市場をして、投資を始めるなんて、ちょっと微妙だよ!って、あの時言ったよね!
ってことになると思わないでもないのですが。

なら、手持ちの資金をして、これ定期預金のままでいいのか?と言えば、数年くらい待つでもいいのでは?と。
もし投資ということを体験したいのであるなら、非常に小さい額で投資を始めるくらいでいい。
それを3~4年くらいした上で、問題ないと判断するなら投入額を増やすくらいでいいのでは?と。


まぁ、自分という1個人投資家の意見でしかありませんが。
投資って本当にタイミングが大きな影響を与え、そして今はそのタイミングじゃないと思うだけに。

自分は、KOSPIベアを除けば1000万円以内に投資額を減らしたいと思っています。
金融資産の10数%程度に(大きくても金融資産の20%以内にしたい)。

大きな暴落に巻き込まれても、大きな余剰資金が手元にあるのなら、精神的にも、投資的にも楽だと思うので。

●おまけ
投資を7桁以上の額ではじめたのは、会社員2年目だったと思う。1990年代の話。
300万円弱を個別株に投資し、その翌日から下がりまくってました 笑
一番下った時、3分の1までなってましたね。
結局10数年保有し、3分の2くらいまで復活(含み損は3分の1)したときに、プラスの個別株売却と同時に売却しました。

だからという訳じゃないのですが、含み損を長期間抱えることに耐えるのは慣れています。
リーマンショック時、数千万円の含み損を抱えたとき、上記体験が有効に働いたのかもしれません。
待てるなら待てばいいやん!って。
投資に回した資金はすべてが余剰資金で、会社員をして毎月サラリーを貰っていたので、投資に回した資金がずっと含み損状態であっても生活に困ることはまったくありませんでした。

30代半ばで数千万円の含み損。
今思えば、投資中毒すぎて資金入れすぎ!と苦笑いの話でしかありませんが、自分と同じような年齢で同じような含み損を抱えたとき、平穏でいられますか?と。
自分は平気でした。流石に大暴落時には、凹みましたけどね。仕事ばかりしてましたから、余剰資金は多く作れましたし。

大きな含み損。
これは、大丈夫と思うことと、実際に体験したこととでは、大きな違いがあると思います。
自分のような能天気でそんなの大丈夫と思っていたヤツでも、流石に凹みましたから。

●今日の紹介
Daokoというアーティストが好きです。
有名な曲だと「DAOKO × 米津玄師『打上花火』」とかあります。
お気に入りに登録済みなのですが、ちょっと前新しい曲をUPしてました。
それが、これ。



上記曲は、メメント・モリというゲーム内の音楽らしく。
メメント・モリというゲームはやったことも見たことないのですが、多くの曲が公式によってYoutubeにUpされていました。
その曲を聴いたところ、いい曲もあるね!

ってことで、CDを買いました。
PXL_20231130_022003811_R.png

公式で聴くことができるので、Youtubeプレミアムとか入っているなら購入する必要もないかと。
また、上記Daokoの曲は新しいこともあって、上記CDには入っていません。
Vol1なので次のVol2あたりに入ってくれるのかも?
公式の音楽が気に入ったなら、そしてYoutubeプレミアムとかに入っていないのなら、おすすめです。



少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/03(日) 21:37:30|
  2. 投資の話
  3. | コメント:2

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (75)
お金の話 (90)
オーディオ全般 (3)
投資の話 (402)
マンションの話 (106)
食べ物の話 (14)
社会の話 (28)
映画の話 (18)
ソーシャルレンディングのお話 (540)
生活一般の話 (130)
東京散歩 (8)
ソーシャルレンディング月次報告 (71)
お酒の話 (22)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (7)
FIRE(経済的自立による早期リタイア) (56)
エイプリルフール (4)
株主優待 (7)

アクセスカウンター

検索フォーム