FC2ブログ

けむけむの投資日記

CREAL(クリアル)から「ドルチェ月島・弐番館」の募集予告

CREAL(クリアル)から新しいファンドの募集がありました。

「ドルチェ月島・弐番館」
です。

場所は、月島です。
明日、資産運用EXPOに行き、帰りは東京駅まで散歩をする予定だったので、物件をちょっと寄り道して見てこようと思っています。
この物件もそうですが、CREAL(クリアル)の場合、JLL森井鑑定株式会社が不動産調査報告概要を出しています。
この不動産のプロたちによる鑑定がある限り、そしてその評価額(取引事例比較法や収益還元法)が提示されている限り、問題視する必要がないと考えています。
長期にわたるファンドがあった場合、例えば24ヶ月や36ヶ月といった期間なら、相場の変動によって変動することはあります。ですが、これは未来を予想できる超能力者でもなければ、完全に言い当てることなんて難しい。そう考えるなら、現状の評価額をして特に問題ないのなら、これは十分に問題ないと言えるのではないかと考えています。
※CREAL(クリアル)の場合、区分所有のファンドでも不動産調査報告概要が付くので、安心できるというもの。

運用期間は6ヶ月。想定利回りは4.2%です。不動産クラウドファンディングとして考えるなら高くもなく、低くもなくといったところでしょうか。募集開始は、今月28日の19時からです。サラリーマンも帰宅後に投資ができる時間。
募集金額は1,872万円。これでは、クリック合戦にならないと言えども、ゆっくり手続きをしていたら満額に達してしまい投資できない程度の募集額です。人気ありますから。

投資は検討してみますが、CREAL(クリアル)の場合、大型案件を待って、それに投資をしたいと考えています。
ですので、ちょっと様子見かな。
明日、物件を見て、その立地条件などを確認してみてちょっと再考してみようかと思います。

CREAL
※アフィリエイトリンクです


~~ おまけ ~~
【HOME'S より】
「ドルチェ月島弐番館 の不動産アーカイブ」

売買掲載履歴より2015年12月を見ると2000万円。
本ファンドの物件の広さが上記掲載履歴と同じかどうか分かりませんが、評価額に大きな乖離はないと判断。ですが、ちょっと高め?。どのみち募集額は1872万円ですので、そこまで心配するような問題ではないと判断しています。
面白そうなファンドだと思います。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/23(水) 21:16:45|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0

Fundsのファンド、10秒も持たなかったかも。当然、負けました

Fundsの3つのファンド。
電波時計をPC前に置いて、10:30ジャストから申し込みできるように準備。
ジャストになった時点で、再読込。気持ち重いくらいで、至って普通。

ただ、ジャストすぎたのか、募集中にならず、再読込を2回。
募集中になったところで、投資申し込み金額を入力し、カートに入れるをクリック。

重要事項説明書と匿名組合約款のアイコンをチェックして、投資申し込み内容の確認へをクリック。

で、満額に達したらしく、投資失敗。

その間、10秒くらい。

敗因は分かっていてます。
投資申し込みの画面において、重要事項説明書と匿名組合約款のチェックから、投資申込み内容の確認へをクリックするのに数秒費やしたため。

Funds
※アフィリエイトリンクです

「LENDYオンラインレンディングファンド#1」
このファンド、700万円の募集ですが応募人数17人です。
一人あたり約41万円。
全員が平均的な額を投資したと思えないなら、1~2人くらい100万円を超えるような資金投入をしたかもしれませんね。こればかりは、予想の範疇を超えませんが、外れてもいなさそうな感じ。


「大田区XEBECファンド#1」
こちらもLENDYの申し込みが失敗してから見た時、既に満額に達していました。
こちらの方は募集額が2620万円と、LENDYに比べて大きいこともあって91人の方々が応募しています。
一人あたり約29万円。
当初の予想通り、瞬間で埋まりましたね。そんなに時間はかかっていなかったと思いますが、LENDY同様数秒で満額に達していた可能性も高そうです(実際には1分くらい?!)。


「アイフルビジネスローンファンド#1」
さて、利回りが1.8%のアイフルのファンドですが、どこまで集まるかな?というのが興味ありました。
額は5000万円です。大きい募集ではありませんが、それなりの額の募集となります。
10時44分の時点では満額に達していませんでしたが、10時45分で満額達成。
208人の方々が応募しました。
一人あたり約24万円
こんなにも手堅さを求める人が多いのだということの証左ということなんでしょう。
ただ、さすがに利回りの低さです。上記2つのファンドとは違い、安全性を求めつつも利回りを期待したい人には敬遠されたということなんでしょう。


Funds、面白いと思います。
今までのソーシャルレンディングでは、高利回りを謳って多くの資金を集めてきました。
その結果、やっぱり無理があったのか延滞やデフォルトが発生。
また、高利回りに釣られた個人投資家の資金を悪用するような悪徳事業者が多々出てきて、多くの延滞やデフォルトが発生しています。そして法整備の遅れと、金融庁の借りて保護の元、個人投資家たちへ情報発信の制限、そう匿名化。
もう、ソーシャルレンディングは駄目かもしれない!と思っていたところもあります。

安全性を限りなく重要視し、利回りの多寡は気にしない!
そんな投資先ができて、個人投資家としては選択肢が増えて好ましいと思います。
特にアイフルのファンド、この1.8%の利回りに208人もの個人投資家が応募した実績は大きいのだと思います。
これからソーシャルレンディングとしては低利回りだけれども、ほぼ問題ない投資先ができた。
そして、それなりの個人投資家から資金を集めることができた。
資産運用の観点から考えるなら、計算しやすくなったとも言えます。
いつ延滞やデフォルトが発生するかとビクビクする必要がありませんからね。


最後に。
今回は、クリック合戦に見事に負けました。
どのようなファンドが出てくるか分かりませんが、次こそは投資ができるよう挑戦してみたいと考えています。

Funds
※アフィリエイトリンクです。


少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/23(水) 10:59:21|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:4

Fundsの3つのファンドの発表がありました。思ったより募集額が小さいのでクリック合戦は必死か?

Fundsから3つのファンドの発表がありました。

Funds
※アフィリエイトリンクです

以下が3つのファンドです(リンク)。

「アイフルビジネスローンファンド#1」
このファンドが面白いのは、予定利回りが1.8%ということです。
このファンドでは、アイフル株式会社がビジネスローン事業を手掛ける連結子会社(A社)に対して貸付を行います。
アイフルとA社がデフォルトするといったことは、殆どないと考えています。
つまり、かなり手堅い投資(残り2つのファンドも同様)。
普通預金や定期預金で金利がつかない昨今、この1.8%は非常に大きい。
ただ、従来のソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングに比べて利回りはよろしくない。これを投資家がどのように判断するのかに非常に興味を覚えます。
手堅く、ほぼデフォルトが発生し得ないのなら、利回り1.8%は鉄板だ!。デフォルトや遅延にビクビクしながら投資をするのには懲り懲りだ!と、被弾しまくっている私と同様な個人投資家が思うかどうか。
ただ、募集金額が5千万円ぽっちです。期待して待っている投資家は多くいると思いますので、金利なんて関係なく瞬殺されてしまうと考えています。

「大田区XEBECファンド#1」
こちらは利回り5%のファンドです。
残念なことに、アイフルのファンドより募集額が小さく、その額2620万円です。
利回りはソーシャルレンディングとして考えたとしても、低めなのかもしれませんが、低すぎるということでもありません。
不動産クラウドファンディングと比べるなら気持ち高いと言ってもいいくらい。
ただ、やはり募集額が小さすぎます。これも瞬殺されてしまうでしょう。

「LENDYオンラインレンディングファンド#1」
このファンドは3つのファンドの中で一番利回りがよく6%です。
ただ・・・
一番募集額が小さく700万円しかありません。さらに運用期間は4ヶ月です。
下手すると数人が申し込みをするだけで満額に達する可能性すらあります。
10秒以内に満額に達するとしても全然驚くに値しないくらい、瞬殺されると予想します。


多くのソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングに投資をしている個人投資家が期待しているFundsです。
3つのファンド、その募集額を合計しても1億円にも満たない。
SBISLでは、数億円くらいなら瞬間に満額に達することを考えるなら、このFundsのファンドも瞬間に埋まってしまうかと考えています。ちょっと、募集額が小さすぎる感じすら覚えますね。


さて、私はどうするかと言えば、、、
クリック合戦が必死と思われるこの3つのファンド。
全て投資ができるとも思えませんので、1つに絞って投資を試みて見ようと思います。
ただ、上でも書きましたが、額が小さいこともあって、クリック合戦に負けてしまう可能性のが高いと考えています。

なお、一番競争率の高くなりそうな「LENDYオンラインレンディングファンド#1」で挑戦してみようと思っています。
投資ができないまでも、Fundsの募集のやり方を練習して、次回はクリック合戦に勝てるように、と。


Fundsですが、この1回目の3ファンド以降、どれくらいファンドが出てくるかですね。
非常に期待している人が多い半面、クリック合戦に勝てずに結局投資ができないということが多そうなだけに、多くのバリエーションに飛んだファンドが出てくることを期待しています。

Funds
※アフィリエイトリンクです。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/23(水) 02:25:40|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0

ブログ村・・・PC版の復活を期待する(これから?

元々スマホでも1画面で全部を見たいこともあって、PC版の表記で見ていました。
タブ切り替え、面倒!

スマホは、拡大表示できます。
全体を見て、その後に新着記事だったり人気記事だったりを拡大して見ればよく、その後にリンクを辿って記事を読めばよい。

ましてPCなら、4Kモニタを使っているので、いちいちタブをクリックするのが面倒だし、情報が一瞬で読めないのは微妙だ。


まるで全部ひらがなで書かれている文章を読んでいる。。。
そんな印象をば。


PC版も準備中との記載もありました。
早急なる実装を期待しつつ、気長に待つことに。

すくなくとも、スマホでブログ村を見ることは殆どしなくなりました。


長い期間運用されていた画面です。
変えるにしても、新旧併用できる仕組みを検討するべきだったのではないかな?と思うところです。


まぁ、慣れることもあるかもしれません。
昔Officeのインタフェースが大きく変わったときも、Windowsのコンパネが変わったときも同じ思いがありましたから。
でも、慣れますかね?、どうでしょうか?
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/22(火) 12:46:54|
  2. ブログ
  3. | コメント:2

SBISL不動産バイヤーズローンファンド30号は、直ぐに埋まりましたね

今月は、SBISLで別の不動産担保ローンファンドに申し込みをしていたので、「SBISL不動産バイヤーズローンファンド30号」は、パスの予定でした。

朝からゆっくりしていて、そういえば本日10時から募集だったとSBISLにログインして確認してみたところ、既に満額に達していました。


今のSBISLの場合、10億円以下の場合はクリック合戦に突入することもあり得ると。
募集額が5億円ならそれをするつもりで申し込みをしないと、申込みできない可能性が高いかと。

今日募集の「SBISL不動産バイヤーズローンファンド30号」ですが、募集額が約1.2億円です。
これじゃクリック合戦は必死。

1)募集時間前の10時にはログインをしておく
2)申し込む金額などは決めておき、速やかにクリックする

以前は、このクリック中に応答がなくなってエラーとなることも多かったです。
それこそ遅延してクリックするも満額に達していた・・・
エラーとなって再度申し込みを行うも満額に達していた・・・
なんてことは珍しくなかったですから。

今日の募集はどうだったんでしょうか?
このごろ10億円どころかそれ以上のファンドへの申込みばかりでクリック合戦に参戦していなかったため、よく分かりません。


やっぱりもう少し運用期間が短いファンドを希望ですね。
それと不動産担保ローンのように元本が返却される可能性が高いファンドが好みです。
運用効率が悪かろうが、大きく資金が戻ってくれば、その資金をもっと適していると思われる投資に回せるためです。

というのも、、、
秋の消費増税を考えるに日経平均が大きく下がる可能性があると考えています。
現在20,700円くらいの日経平均ですが、再び20,000円割れもありうると考えています。
私が何年も様子見をしている個別株の総数も10を優に超えました。それらに資金を投入しようとするなら2,000万円くらい必要なこともあるため、徐々に余剰資金を増やしていこうと考えている次第です。
※個別株には個別株の楽しみはあります。ですが、リターンは大きくとも下がるリスクも高いです。ご利用は計画的に!


最後に
たぶん、今月も後1~2本くらいSBISLはファンド募集するのではないかな?と予想しています。
それがどんなファンドか分かりませんけれども、十分にありえると思っています。
※オーダーメイド型ファンド、2018年12月は6本、11月は7本、10月は6本とありました。2019年1月はまだ2本ですから^^
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/22(火) 12:21:47|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0

ソーシャルレンディングは集中投資ですよね

投資における分散投資の有用性は、大きく儲かることがない代わりに、全部まとめてデフォルトするといったことがない点。
よく、「卵は1つの籠にもるな」という相場の格言がありますが、それは同じ籠に全部入れてしまった場合、その1つの籠を落とした場合に全部の卵が割れてしまうから。
複数の籠に入れておけば1つの籠を落としても、その被害の割合は少ないということです。


さて、分散投資というと、世界各国の市場に、それも市場全体に投資をするといったことがあります。
投資信託やETFなど、そのような市場と連携した金融商品は多くあり、また低コストで金融機関が争っています。
私は大嫌いなので見向きもしませんが、世界的な恐慌のようなものでも発生しない限り、また市場は長く見る限り右肩上がりであるということを信奉しているなら、それこそ非常に有意義な投資手法でしょう。

何も考えず、ただただコストの安い世界に大きく分散投資されている投資信託やETFに投資をすればいい。
つみたてNISAやiDeCoなどは、それらの金融商品をサポートしていることが多く、また税制面で優遇もされています。
上記、つみたてNISAやiDeCoの限度額を超えていないのなら、そして投資に労力を費やしたくないのであれば、つみたてNISAとiDeCoだけをやるだけで十分だと思います。

ですが、そこまで大きく儲けはでません。平均的な結果となるのが分散投資です。
また、いくら大きく分散投資していようが、市場全体が低迷すると、その影響を受けて下がることもあります。元本保証がない金融商品ですから、さすがにそれくらいの覚悟はしておいたほうがいいでしょう。


さて、ソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングですが、これまったくといっていいほど分散されていません。
ソーシャルレンディングにしても、不動産クラウドファンディングにしても、個別の案件たる事業だったり不動産だったりに投資していることになります。
その事業がうまくいかなかったりすれば、すぐに延滞やデフォルトです。
ミドルリスク・ミドルリターンという人はいますが、投資先の匿名化もあって、ハイリスク・ミドルリターンくらいじゃないかな?と思っています ※または、ミドルリスク・ローリターン。

去年のmaneoおよびmaneoファミリー、またみんクレやラキバンといった延滞やデフォルトの問題を考えると、延滞もデフォルトもなき時代は、とうの昔に過ぎ去ってしまったというのが私の感想です。


分散投資が大事!というなら、集中投資たるソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングを本当に投資していいの?ということを今一度考えた方がいいと思われます。


最後に勝つのは誰だ?
そんなもの最後の時点にならなければ確固たることは言えないと思います。
ですが、過去の市場の動き等を考えるなら、コストの低い分散投資を行っている金融商品をして、何があっても毎月積み立てるといった行動が合理的なのではないかな?と思うところでいます。


最後に。
分散投資の有用性を語る時、その人の選択肢にソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングは存在し得ないと思っています。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/21(月) 19:26:04|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:2

金融セミナーの位置づけと、参加方針

良くも悪くも都民なので、奥多摩とか檜原町とか、都心からはるか彼方にある場所を除けば時間はかかりますが出張ることはできます。2月上旬に折りたたみ自転車が納車されますので、行動範囲も最寄りの駅から50kmくらいまで広がります。

ですので、上記奥多摩とか檜原町とかでイベントがあっても参加できることになります!
※そんなところでセミナーがあることはないでしょう。なお、都内の駅近い場所のセミナーは歩いて行きます。

基本的に自分の知識を補完、また強化してくれるようなセミナーには積極的に参加させていただこうと思っています。
※初心者講座だったり、既に知っている講座、また属性が違うのは遠慮しますが。

今のところ無料のセミナーに限定するつもりです。
有料セミナーも視野に入れていますが、まだ無料のものでも十分と考えているため。

どんなセミナーに参加するかというと、
1)今まで参加したことがないソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングのセミナー
2)中級者向け(初心者講座や既に知り尽くしているセミナーはパス)
3)都内であること。ただし、川崎や横浜くらいなら頑張って参加したい(千葉や埼玉でのイベントはなさそう)
4)個別不動産のセミナーもアンテナを立てるという観点から参加したい
5)セミナーとは違いますが、都内の大型マンションやタワーマンションのモデルルームにも

5はちょっと毛色が違うので除くとしても、1~4には積極的に参加していきたいですね。
ただ、4は参加して市場状況を知るため。個別不動産は、もう懲り懲りです(500万円ほどマイナスで撤退した実績あり 苦笑)
もっと年若くして、そう30代半ば。そして今の資産の半分でもあれば、専業または兼業の不動産投資家というのも面白そうだったのですが、もう個別不動産に投資をするつもりも予定もありません。大変なんですよね、あれ。よい物件が1~2戸あるなら、それだけで食べていけますけど。


さて、今月月末から来月頭に向けて、セミナー4回、モデルルーム1回ほど参加してきます。
録音や録画は禁止される場合も多そうなので、メモ帳で要点だけまとめる・・・いや、面倒か(笑
大雑把な記事でもかければと思いつつ。


最後に
今日も都内に出張って、自転車にオプションをどうするか検討中。
予算を超えないようにしていたのですが、ちょっと・・・
どんなものにでも言えるのですが、公式のアクセサリーは高すぎ!。サードパーティーの製品より頑丈かつしっかりしたものなんでしょうけれども。値段が2~3倍違うと、そしてそのもの単価が高いと、躊躇しちゃいますね。
自転車もカメラも趣味だけれども。趣味って本当にお金がかかりますよね・・・

【私のどうでもいい趣味】
・投資 ぇ?。楽しんで行うという意味で
・自転車 昔ほど体力なし。1日50kmくらいが妥当かな
・AV (オーディオビジュアルです!。マルチチャンネルは卒業しました。
・酒(ウィスキーがメイン 自宅に未開封ボトルが沢山あります。お酒部屋あり
・本(去年1000~1500冊ほど知り合いに上げました。それでもまだ2000冊以上。本部屋あり

将来、知り合いと趣味の話をしながら、飲みきれないお酒を一緒に楽しめればなと思いつつ・・・
※2回くらい転生しても、飲みきれないほどお酒があるので^^;
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/20(日) 11:02:30|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:2

SBISL不動産バイヤーズローンファンド30号は、パス

「SBISL不動産バイヤーズローンファンド30号」は、パスします。
今月は、既に「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 25号」に投資をしている点が1つ。
また、FANTASやFundsへの投資も検討しているため。

ただ、このFANTASやFundsへの投資は、どこまで資金を入れるか、検討段階です。
まだ、Funds側は募集内容が明確になっていないので、置いておくとして、、、
FANTASの新しい5案件。こっちはいろいろと考えてみました。

埼玉の田舎、千葉の田舎、神奈川の田舎・・・
これ、判断できません。
というのも、地方の需要が読めない。
私自身、都内のマンションくらいしか見ておらず、他県の物件の相場観が全く働かないため。
上記案件の1つだけ、昔友人がそこから10kmくらいの都市に住んでいて、遊びに行ったことがあるので凡そ分かるつもりなのですが、これ、こんな田舎でどこまで需要があるの?というのが全くわからず。

ニッチな需要で適切な価格なら、成立するのだと考えています。
その成立が全く読めないので、投資を行いません。

唯一都内の物件である「FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第11号」、これ国分寺の物件です。
国分寺、駅前のタワーマンションのモデルルームに行ったことはあるのですが、あまり良く知りません。
こちら、8%も利回りがつくような案件?
ちょっと分かりません。そのため、初めてということもあるので、少額で投資してみようかな?と検討しています。


Fundsのファンドでどういう形ででてくるかかな?
期待しています。


Funds

FANTAS funding
※アフィリエイトリンクです
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/19(土) 15:14:32|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0

そんな投資で大丈夫か?いや・・・ (長文)

ブログ村のブロガーの方々は、私も含めてイケイケドンドン(古っ!)で投資をしている方々が多く。
そのようなブログを読まれていると、世は投資ブームだ!という感じすらします。

私なんかは投資中毒なので、最低の生活防衛費を残して多くを投資しています。
投入額が大きいのでリターンは大きく、約30万円の分配金を受け取っています。
ですが、そのリターンの裏で、リスクもあります。
私の被弾額は約720万円です。半分損失被るなら360万円、3分の1しか戻ってこないのなら480万円もの損失となります。
上記のような被弾をしてしまうと、1年の分配金が全て相殺されてしまいます。大きすぎればマイナス運用になることも。

元々ソーシャルレンディングの被弾率は5%くらいかな?と予想していましたが、9%近くになっています。
2倍近い被弾では、想定したとおりの運用がままならない!という結果になっています。

ソーシャルレンディングの場合、秘匿化問題もあり、どこにどのような投資をしているか不明です。
まして、ノンリコースローンの場合、融資において評価が甘ければ、失敗してそのファンドは終わりで済んでしまいます。
10億円募集した。でも実際には評価はもっと小さく、また資金回収も十分にできない。半分回収して、それを投資家に分配して、終わり。さて、次のファンドを作ろうか!。
これじゃ、投資家の一人負けです。でも、法的にそれが問題にならないのが現在のソーシャルレンディングということをちゃんと認識して投資をしているかどうかということを、個人投資家自身が考えなければいけないのだと思っています。


さて、今のブログ村における大きな流れは、以下のようになりつつあるのだと考えています。
・一部のソーシャルレンディング事業者およびファミリーを信頼できないので資金を引き上げる
・不動産クラウドファンディングは信頼できそうで、そちらに資金を移動させる

さて、不動産クラウドファンディングについて、個人投資家はどこまで理解しているのでしょうか?
私自身、理解が殆どできていないと感じています。
投資先の物件が明確になったところで、結局は、何をみて、何を理解して投資が大丈夫だと判断しているのでしょうか?

上場会社だから?
利回りが低いから?
不動産の鑑定を不動産鑑定士や鑑定を行う企業が行っているから?

結局、上辺でしか判断できないのだと。
個人投資家としての限界と感じています。

個別株にしたって、投資信託にしたって、理解不足に関しては同じ話だと考えています。
その個別株の企業や、投資信託の投資先だって、細かく理解できないでしょうし、最後は自分なりに理解した範囲で投資をするしかない。そこにソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングとの違いはありません。

ただ、大きく2つ違うと考えています。
1つ目は、法が整っているということ。どこぞのソーシャルレンディング事業者は口座一つでまとめてぐちゃぐちゃになっていました。事業者が倒産した場合、デポジット口座の資金言えども完全に戻ってくることが保証すらしていません。また、無理やり現行法に沿って投資となるため、秘匿化の問題もそうですが、投資家保護の仕組みがなっていない。

2つ目は、規模が非常に小さいということ。そもそも1つ1つのファンドは、集中投資です。どこぞの太陽光発電だったり、中小企業だったりに、資金を提供しています。その投資先の企業にて問題が発生すれば、簡単にデフォルトになります。個別株投資なんか比べ物にならないくらい集中投資になります。
投資信託でも個別株でも額が1桁どころじゃなく違います。市場経済が低迷して、ちょっと不景気になろうもなら、投資先が倒産することなんて珍しくもありません。投資信託などでは、大きく分散されて投資を行われていることもあって、1社や2社が倒産しても全体としては一部です(個別株の場合は、それで終わっちゃいますが)。
ソーシャルレンディングにしても、不動産クラウドファンディングにしても、集中投資である認識を忘れがちですが、意識しないといけないと思う次第です。


普通預金にしても定期預金にしても、利回りは限りなく0です。
私のiDeCo運用は、定期預金ですので、微々たる手数料で毎月マイナス運用しています(どうでもいい話か)
そんな時代において、5%どころか10%やそれ以上の金融商品がどこまで安全なのかということを本当に分かっているのかな?と思ってます。

安全じゃないけど、高利回りにつられて投資を行っている。
なので、リスクも理解し、またデフォルトも想定している。
ということならいいのですが、、、

どうにも事業者側だけの所為にしている人が少なくない数いるようで。
怪しい事業者の選別、またファンドの選定も含めて投資だと考えています。
ポンジスキームのような詐欺行為なら別ですが、それ以外なら事業者以上に自分自身の投資判断のミスだと考える次第。
自分は悪くない、悪いのは事業者だったりファンドだ!と言っている限り、なんの進展もなければ、同じことを繰り返してしまうのでは?と。


私としては、
・ソーシャルレンディングは、秘匿化問題が解消されない限り、投資するべきではない。もし投資をするならその事業者を信頼するといったこと以外で判断はできないことを認識する必要がある。
・不動産クラウドファンディングが持て囃されているという一点だけで、投資判断するリスクを認識した方がいい。どうして不動産クラウドファンディングが問題ないということをちゃんと説明できるかどうか一度考えてみるといい。
といったところです。


と、ここまで苦言というか、不安になるようなことばかり書いてきましたが、私自身そこまで心配もしていなければ、悲観もしていません。

そもそも投資である限り元本保証はありません。
元本保証がない金融商品である限り、一部が毀損することも十分にありえると考えています。
ソーシャルレンディングの性質上、マイナスになることはありませんが、個別株や投資信託で10%や20%の下落なんて珍しくもありません。そう考えると、ソーシャルレンディングのファンドにおいて10%や20%のデフォルトが発生するということも十分理解できるというものです。
個別株や投資信託において、超大手の優良企業に投資をしたり、世界に広く分散した投資信託に投資したりと、リスクを半減させることができます。
ソーシャルレンディングの場合、それが比較的安全じゃないか?と思われている不動産クラウドファンディングだったり、上場会社の関連企業たるソーシャルレンディングの事業者だったりということなのかもしれません。


最後に
問題が発生したときに自分は悪くないと思っている限り、その投資先への理解が深まることなく、同じことを繰り返してしまうリスクがありませんかね?と。
投資の失敗は仕方ないとしても、少なくとも同じ失敗をしないよう続けていきたいと考えています。
そんな私は投資中毒ですので、少なくとも当分の間はソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングへの投資を止めるつもりはありません。ただ、リファイナンスやノンリコースローン、そして評価がいい加減な投資先は、本当に問題がなさそうと思ったもの以外は投資をせず、寧ろこれらがしっかりしたファンドに限定して投資をしていきたいと考えています。


よい投資ライフを!と、締めてみたいと思います。


※数日、家を空けるのでブログ更新は止まります(スマホからコメントくらいはできるでしょうけれども)。
※ブログ村のブログだけみていると、アクセルだけでブレーキが踏まれることがないのでは?と思った次第です。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/17(木) 11:32:13|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:4

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 25号の集まり具合がおかしい!

maneoからの元本+分配金を払い戻し申請したのですが、その払い戻しが終える前に、募集額に達しそう・・・
なぜ!?

15億円募集だった本ファンド。
満額に達するにしてももっと時間がかかると想定していたのに既に14.6億円の申し込みが。

半日待っていたら、最悪埋まる!
ということで、maneoからの振込を待たずに申し込みをしてしまいました。
SBISLからの元本+分配金の払い戻しの一部を先日購入した自転車の資金に充ててしまったため、振り込まれた金額より少ない金額で投資に。

SBISLへの予定金額に徐々に増やすつもりが減らしてしまいました。
来月のファンドの際、もう少し色をつけて投資をしようと思います。

FANTASやFundsへの投資も検討しなくれはいけないのもあって、資金が微妙にきっついですね。
6月の大きな元本+分配金まで1~200万円程度しか毎月戻ってこないので選択肢が多いようで少ない。

それにしても・・・
maneoの低迷の反対にSBISLやその他SL事業者の勢いがすごいですね。
特にSBISL。

5億円や10億円では、一瞬で蒸発することも来月以降は考えないといけないかもしれません。
とはいえ、SBISLのことです。今月もこの後にも6~8%程度のファンドは出してくると予想されます(その発表はありませんけど)。
このファンドが満額達してしまったなら、次のファンドへ資金を投入すればいいじゃないですか?という。

投資中毒、ここに極まれり!
駄目ですね、これじゃ。


※誰もがご存知の通り、多くを投資すればリターンは大きくなります。ですが、何かあると大きな損失を被ることもあります。ご利用は計画的に、、、じゃない、投資に投入する資金は計画的にですね!!
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2019/01/16(水) 22:49:44|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (50)
お金の話 (55)
オーディオ全般 (2)
投資の話 (184)
マンションの話 (77)
食べ物の話 (10)
社会の話 (28)
映画の話 (9)
社畜の話 (1)
ソーシャルレンディングのお話 (517)
生活一般の話 (54)
分配確定 (0)
東京散歩 (8)
ソーシャルレンディング月次報告 (42)
資産公開 (0)
お酒の話 (19)
青色申告へ (1)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (0)
家計簿 (1)
FIRE(経済的自立による早期リタイア) (6)

アクセスカウンター

アフィリエイトリンク

私が利用している事業者のアフィリエイトリンクです


【クラウドバンク】約500万円投資中
クラウドバンク
【CREAL】約100万円投資中
CREAL
【楽天証券】メインで利用している証券会社。約3000万円投資中
楽天証券
【野村不動産アーバンネット株式会社】不動産売却時に参考にさせていただきました。

【A8.net】アフィリエイト

ランキング

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する