fc2ブログ

けむけむの投資日記

iDeCoのコスト

●トウシルより、以下リンク
「30年で14万円の差!?iDeCoのコストは金融機関によって違う!2022年5月版」

まず、このこの話をする前に2つほど。
「中学生・高校生のみなさんへ By 金融庁」の次の話は、もう少し待っていただきたく。
あの後、更に調べていたら、その0で提示したリンク記事以外にも沢山ありまして。
そちらをして、0.5とか、そうんな感じの記事を書いてます故。
もう少しお待ちをば。

そして、もう1つ。
ここ最近政府から投資を推奨するような発信が。
前にも書きましたが、推奨するだけでは意味がなく、それをメリットに感じつつ、デメリットを大きく上回らないと。
将来、2倍にも3倍にも、もしかしたら5倍や10倍になるかもしれない!というメリットがあるなら、今、含み損で数割下がろうが耐えられる。もし、暴落した後、バブル後の日本株のように鳴かず飛ばずで、資産形成に繋がらないのなら、なんでリスクだけ負う必要があるのです?となります。
なので、今政府がやっていることは、リソースばかり使って、無能なことをしているなと。
いっそ時限立法で、金融税制を大幅に下げてみるといい。いや、以前のような10%でも十分。
それができない時点で、岸田総理は、金融音痴だなという感想しか持ちえませんね。


さて、iDeCoのコストですが、一番上にあるリンク記事から説明します。
以下、引用。
iDeCo手数料体系_20220531_R

確実にかかる手数料としては、年間1,260円の国民年金基金連合会向け手数料(拠出区分が「月ごとに金額を指定し拠出」の場合、収納回数に応じて手数料が異なる)と年間792円の事務委託先金融機関向け手数料があります。


国は、もっと資産を増やして、老後にあまり頼ってくれるな!と言うのなら、この手の手数料は国負担でいいのでは?
または、もっと安くするべきでは?
と思います。

実際、自分の場合、サラリーマン時代は控除の節税効果の部分だけを目的としていたため、定期預金で運用していました。
おかげで、毎年の運用はマイナス。
定期預金の雀の涙もないような低金利では、手数料すら賄うことができなかった。
そもそも、iDeCoは通常投資のように何千万円も預けられるものでもありません。
その人の属性によって違いますが、数万円の人が多く、自分の時は月々23000円でした。
だから、投資している金額に対する固定費の割合が小さくなかった。

何なの?


なので、iDeCoするくらいならNISAを勧めます。
若い頃から何十年も資金を入れていたとしても、給付可能は60歳から。
20代からやっているなら30年以上も使うことができません。
例えば教育資金や不動産購入とか、一大イベントとなるようなお金がかかることが発生したとしても、そこに資金を使うことができない。
ある意味正しいのかもしれないが、どうなの?と言いたいですね。


いっそ、10年以上継続していたなら、いつでも給付可能とでもしておけばいいのにと。

額が小さい。
給付は60歳から。
コストは高く、それを安くするような動きが全くない。

ダメダメ。


額が大きく、年間2~3百万円くらい入れられるのなら、その節税効果が大きくなることもあって面白そうだとは思いますけどね。
なんとも、使えない仕組みです。


●おまけ
わざわざ複雑怪奇にして、余計な仕事を増やし、そして天下り先でも作っているのではなかろうか?
と邪推するくらいには、コストも仕組みも酷い。
そんなのがiDeCoだと考えています。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2022/05/31(火) 01:13:01|
  2. 投資の話
  3. | コメント:0

今更レバナス、その後どうしてる?

少し前、用事もないけど連絡してみました。

レバナスどう?継続している?

と。

そうしたら、

毎日2000円でやってる。今後10年は、寝かせることになるかもね。

とのこと。

おおっと、頑張ってるじゃないか!

証券会社の積立について詳しくないのだけど、毎日というのは毎営業日ということかな?(土日祭日入りませんよね?)。
そうなると、250日くらいだろうか。
2000円ということなら、50万円ほど。
もし、365日だとしても70万円程度です。

サテライト的な投資として、ちょうどいいかもね。


ふと、毎日1万円なら?。それは年間250万円。
ん?年間250万円の投資?
んん???
それっぽっちなら、面白そう?いや、どうだろ??


で、楽天証券で調べてみた。
えっと、つみたてNISAだと、毎日積立はできる・・・
それ以外は無理っぽい。
他の証券会社では、毎日積立に対応しているところもありましたが、楽天はなかった。
ま、毎日だろうが、毎月だろうが、若干の運不運はあっても、投資結果に影響しないので、どっちでもいいでしょう。
毎月積立で考えよう、毎月で。毎月20~30万円の積立ね。


で、結局NASDAQに投資するの?と問われれば、、、
今のところ、キャッシュ比率を下げたくないので、資金を投入するべきかどうか・・・。
ただ、月々20~30万円の積立程度なら、キャッシュ比率にそこまで大きな影響がある訳でもないし、と。
どうしたものかな?


そうそう、楽天証券の場合、投資信託でNASDAQで検索すると16件がヒットしました。
結果がこれ(管理費用(信託報酬含む)でソート)
投資信託NASDAQ_20220526_R

レバレッジをかけず、長期を見越して信託報酬が低いのをと考えるなら、一番上のeMAXIS NASDAQ100インデックスが一番適していそうです。

男は黙ってレバレッジ!、レバナスを今買わずにいつ買うの?今でしょ!というのなら、楽天レバレッジNASDAQ-100(通称 レバナス)。

おいおい、今下がっている相場を最大限に活かすには、3倍ベアっしょ!。まだまだ、ちみらは読みが甘いよ!と言うのならNASDAQ100 3倍ベアでしょうね。

どれもこれも魅力があって、悩むというのなら、3分割して買えばいいでしょう?


ん~・・・
無いわ~~ 笑

で、どうする?

え?やりませんよ、で終わりです。


もし、自分がNASDAQに手をだすのなら、
1)NASDAQの下げが半年~1年程度落ち着く
2)1000万円程度は投入したい
3)レバレッジかけるとしても3倍はやり過ぎで2倍程度で考える
といったところでしょうか。

ま、今無理をして手をだす必要もなかろう。
”落ちてくるナイフはつかむな”という投資格言をそのまま適用して、見ているだけにします。

結局、リーマン・ショック時のように、底値にもかかわらず、投入する資金がない!というのを避けたいので。

長々書いてきましたが、本当に意味のない記事となってしまいました。
申し訳ありません。


●おまけ
底であることを相場から読めるものか!という意見はあるかと。
その通り。未来は確定しておらず、どのようになるか不確定。
ですが、それを予想して、勝負したいですね。
それが外れようが、当たろうが全部自己責任の上で。

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2022/05/26(木) 07:03:07|
  2. 投資の話
  3. | コメント:2

3397 トリドールホールディングス(丸亀製麺)でコンスタントな利益が出せる?

3397 (株)トリドールホールディングス。
言わずと知れた丸亀製麺の会社です。

この株は、優待株です。
こんな感じ。
100株:3000円相当の食事券
200株:4000円相当の食事券
1000株:10000円相当の食事券
2000株:15000円相当の食事券
※1年以上かつ200株以上だと、追加で3000円相当の食事券が追加

株数が優待券の額に比例していません。
なので、少ししか利用しない層は、100株でいいですし、十分でしょう。
大量に株を買う人がいるとするなら、三度の食事はうどんでもいい!、むしろうどんにするべき!
と思っている人かな。後は、近場に店舗があるとか、大家族とかですかね?

さて、そんな優待のトリドールの株ですが、思ったよりボラティリティが高いです。
要するに、日々の乱高下が大きいということ。

大きく下げたり、上げたり。
ん?
大きく動いた時、その翌日反発していることが多いような気がしないでもない・・・
本当だろうか?

えっと、ヤフーファイナンスから、時系列タブを押して、これをExcelに取り込んでっと。
2%以上、3%以上、4%以上、前日の終値と当日の終値の差を求めて、、、
翌日(終値)で反発したかを見てみる・・・
トリドール推移20220525_2


2%以上で絞り込むと37.5%。
3%以上なら80%。
4%以上となると50%。

うん、駄目ですね!

集めたデータが約2ヶ月では少ないのでは?と言われるかもしれませんが、
そうだとしても、まったくこれ役立ちませんね。

これの意味するところは、2日連続で上がったり、下がったりすることは、2%以上の変動があっても普通にあるね。
ということでしかなかった。
翌日こんなにも反発かよ!というのは、主観でしかなかったということでもあります。
目立つから、そう思ってしまいましたね。

そもそも、
ボックス圏内で動くとしても、それは1日や数日といった期間ではありません。
なので、1日単位での動きで一喜一憂してもしかたないし、またそれをもって翌日の株価を予想するのにも無理がありそう。

これは、業績やニュースなどを全く考慮しない株価だけで見ている話ですから、尚更ですね。


円安が進んでいます。
食材が輸入物なら、影響があります。
ただ、丸亀製麺のメニュー産地情報一覧を見る限り、うどん本体の小麦粉は国産みたいですね。
あまり円安は影響ないのかな?
●丸亀製麺より、以下リンク
「丸亀製麺 メニュー産地情報一覧」


もしかしたら?と思って、軽く調べてみたけど、
そもそも業績やニュースに関係なくチャートだけで見るということは限界でしたということで終わり。
他の銘柄はともかく、この銘柄ではといったところでしょうか。


●おまけ
約2ヶ月40日分の比較をしました。
にしても、40日での比較で2%以上上下した日が16日。その割合4割です。
値動きしすぎ!

●おまけ2
4割の日も2%以上動いているということは、上手く挿すことができるなら、結構利益を抜くことができそう。
ただなぁ、、、
自分が思う程度の前日下がったからとか、前日上がったからという理由だけで、売買を行うのは無謀というより愚かでしょう。
というような、そんな結果になっていました。

3%以上の場合、80%も当たっているじゃない?といったところで、これたまたまでしょうね。

●おまけ3
うどん好きだったけど、物理的な店舗への距離があったこともあって、なかなか行かない。
いや、行ったことがないといった方がいい。
偶に外出した時、見かけたら寄っている程度でしか使ってません。
なので、おまけ分以外は全部売却していることが続いてます。
駅前に丸亀製麺があることも珍しくもないのですが、自宅近くではそうではなかった。
1km以上は、やっぱり遠い。

●おまけ4
丸亀製麺は、記事内でも書きましたが、2000株保有していると上限まで貰えます。
なので、上限の2000株まで保有しています。
今の株価だとだいたい2000株で450万円くらい。
その2%というと9万円です。
大きいというほどでもありませんが、その9万円くらいが動く日が結構あるということ。
約4000万円の個別株を保有しているので、9万円によって大きく動いているという感じはしませんが、ただね、、、
他の株の値動きで2%以上、ころころ動くのは少ないように思えるため(ちゃんと調べてませんので主観です)。

なお、原油ETFを保有していた頃は、2%?、そうだね、今日はあまり値動きがなかったね!って感じ。

ボラティリティが高い個別株は、気にしたら負けだと思う。
気にするくらいなら、ETFや投資信託で広く遍く分散投資しているファンドを選ぶべきだと思います。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2022/05/25(水) 18:54:39|
  2. 投資の話
  3. | コメント:0

iDeCoの2022年の制度改定

●トウシルより、以下リンク
「2022年の制度改定も整理!「iDeCo」のメリット、デメリットを一問一答でズバリ!」

2022年度の制度改正では、以下が変更されたようです。以下、引用。
【1】2022年4月:受給開始時期の上限が延長されました。
【2】2022年5月:iDeCo加入年齢の要件などが拡大されました。
【3】2022年10月:企業型確定拠出年金加入者の、iDeCo加入要件が緩和されます。


ん~?
あまり関係ありませんね。
1と2に関しては、年金と同じような変更でしかなく。
早く受け取ることができるのなら別ですが、後ろに延びただけですから。

FIREとiDeCoは相性がよくありません。
iDeCoは通常の年金を支払っている部分に上乗せなので、免除申請をしていると入れません。
引き下ろす年齢も60歳から。これを75歳からになってもね。
自分は、iDeCoに入ってましたが、ちょっと後悔。NISAのが使い勝手がよく、またFIREするくらいならiDeCoは考えた方がいいかと。
とはいえ、働いている最中のiDeCoはメリットがあります。FIREなんてせず定年まで働くのならiDeCoは税制面から考えてもよい仕組みだと思います。


国は、預貯金から投資へと言うのなら、もう少し税制面でメリットのある仕組みを作ってもいいのでは?と。
時限立法でいいので、金融税制を10%に戻してみるとか。
まぁ、そんなメリットある法改正したところで、投資はする人しかしませんから。
金持ち優遇!とかマスゴミが騒いで終わってしまうでしょうね。

NISAは良い方向に改正されているというより、改悪しかしていないという感じしかしませんし。
税制は、もっとシンプルで誰にでも簡単に理解できる仕組みがいいと思うだけに。
なんともね、というのが感想でした。


●今日の1枚
晴海フラッグのモデルルーム近くにある晴海橋梁。3年前、コロナが流行る前に行ったときに撮った1枚。
晴海橋梁は、晴海線が平成元年(1989年)に廃止となり、本橋梁も廃止、遺構として残っていたものです。
何気に、古い写真を見ていたら、懐かしいな~っと。
で、ちょっと調べていたら、”2021年(令和3年)4月、耐震補強工事を施した上で歴史的価値を残しながら遊歩道橋に改修し、春海橋公園の施設として管理運営されることが東京都港湾局より発表された”とのこと(Wikipedia「晴海橋梁」より引用)。
遊歩道橋になるんですね、たぶん数年後先かな。できたら、是非とも歩いてみたいと思います。
IMG_20190506_135258_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2022/05/21(土) 17:00:22|
  2. 投資の話
  3. | コメント:0

投機を小さい額でするくらいなら、予想だけにしています

投機で失敗したことは、成功した以上に多くあります。
むしろ、投機で成功した!と言い切ることができるのは、原油ETFくらいでしょう。

投資では、利益を上げたことは多くあります。
個別株だって、投資信託だって、地道に長期保有をして利益を確定してきました。

ただね、投機となるとちょっと違う。
もともと優待株投資家である自分の場合、優待を主目的にしていますから、投機といった感じの資金投入は少なく。
投資をずっとしてきたの?と問われれば、微妙なところもありますけど、普通に長期保有して、株価の値上がりにも期待はしています。


さて、投機というと、リスクは大きくあっても、リターンも大きいものと考えています。
ただ、リスクが小さくない。
株にしても、ETFにしても、何倍になる可能性がある反面、何分の1になることも。

なので、投機に資金を投入する場合は、間違いなく最悪0円になっても困らない資金でやっています。
そして、あまりに小さい額でやっても意味がないこともあって、それなりの額でやろうと考えを変えています。
昔は、危なそうだけど反発すると予想してNISA枠で購入したりしてました。
ですが、例え大きく値上がりしても、100万円やそこらでは意味が薄く。
100万円が2倍になっても200万円ですから。


投機に大きく1000万円近く入れるようになったのは、原油ETFから。
もともと原油ETFについて、過去も購入したこともあり、微妙な利益を得たり、損失を被ったりしていました。
WTI原油先物のチャートを監視していると、ここまで下がるか!?と思うこともありましたし、ここまで上がるか!と思うこともありました。

なので、この原油価格なら、買いであるとか、売りであるとか、自分の中でいろいろと考えて、その状況になったときに資金を投入しました。利益は得ることはできましたが、こういうことは10年に1回あるかどうかだと考えています。

さて、今は?というと、韓国総合ことKOSPIベアに資金を1000万程度入れてます。
上がってはいますが、KOSPIが何分の1になるなんて、韓国がデフォルトでも起こさない限り発生しないでしょう。
これは、原油ETFとは違います。そこまで大きな変動はありません。
利益があるうちは、売ることもなく保有し続けて、2倍になったら売却するかな?くらいで考えています。


先日、質問で次あがりそうなの?と聞かれたとき、S&P等のベアなんて面白そうとコメントしました。
ですが、手持ちの資金がそれなりにありますが、アメリカ株について詳しくもないこともあって資金の投入はしていません。
今後もアメリカ株に投資することは考えていません。
アメリカの市場を肌身で感じられないのが1番大きいですね。
別に靴磨きが市場の話をするかどうかを知りたいという訳ではありませんが、物価の変化や、アメリカ経済ニュースにかかわる情報をどこまで入手できるか?というと、簡単でもなかろうと考えているから。

手持ちのキャッシュをどこまで保有するか?という話もあるかと思います。
手持ちを3000万円くらい持っておきたく。
それは、中国発の暴落やアメリカ株の暴落時に手持ちがないときに後悔したくないから。
リーマン・ショック時に、あれだけ資金を投入したいタイミングはありませんでした。
フルポジションで余剰資金が6桁しかなかった。それじゃ何もできません。

なので、KOSPIベアを手放すまでは、投機という形での資金投入は、本当にいける!と思うような金融商品が出てこない限りしないでしょう。
予想はできます。アメリカ株がもっと下がると予想したり、遠くない未来に隣国の経済が破綻して世界規模の暴落が始まるだろうとか。まぁ、そうなる可能性が0ではなかろうといったレベルです。もとより資金を投入するつもりもないので、甘い予想の元で言っているだけとなります。


アラフィフの自分の場合、どうせ遊んだところで10年くらい大きな失敗をしなければ、問題ないと考えています。
なお、すでにmaneoおよびmaneoファミリーによる合計2000万円くらいの損失は、計上済みです。
これからまだ多くの損失を被ることになると思うとゲンナリしますが、欲をかいて安直な投資手法で利益を追い求めた結果と思えば、この投資行動を反面教師にして、次回以降同じ様な失敗をしないように心がけるだけ。
ま、失敗するときは、失敗しますから。なるべく、危なすぎる橋を渡らないようにするだけでしょう。
これは、投機に使った余剰資金以上に、手持ちの必要資金を投入してしまったからこその失敗でしたから。
反省するべきところは反省して、今後の投資活動に役立てていきたいものです。


さて、今投機として考えていることがあるとするなら
・アメリカ株のベアの金融商品
・中国株のベアの金融商品
・韓国株のベアの金融商品
3点。
アメリカは無理。上で書いてきたように、情報収集が自分には難しそう。
中国は、論外。出てくる情報の信憑性がなさすぎて、投資に適さない。例え暴落するにしてもそれ半丁博打と一緒。
韓国は、今現在KOSPIベアしているので、それで十分かなと。

日本株は、いくつか見ているのはありますが、今の状況だとなかなか判断できていません。
面白そうな日本株を見つけることができたとして、資金を投入することになっても、それは投機ではなく投資でやっていきたいと思っています。


●おまけ
固定資産税が6桁なのは昔からですし、1箇所分しか支払っていないのもありますから、大きなものでもありません。
20万円以上にもなるような固定資産税を支払う場合でも、銀行でお金をおろした後、コンビニで支払っています。
固定資産税が高いといったところで、1回の支払いが20万円を超えることはありません。支払いは4回に分割されています。
1~4回分全部で20万円を超えていても、1つは20万円を下回るので、コンビニ払いでも問題がありません。

1つ注意していることがあるとするなら、銀行からあまり遠くないコンビニで、できれば日本人従業員がいるところにしているところでしょうか。
これは、あまり大金を持ち歩きたくないのと、何か問題があったとき事情説明が楽になるようするため。
額が小さくないのもあって、これくらいは注意しています。意味があるかどうかは、知りませんけど。

●今日の1枚
ネタが無いので、写真フォルダをあさっていたら、、、
ちょっと前に作ったカップラーメンの写真がありました。
乾燥わかめを付け足したら、溢れんばかりになったやつ。
やりすぎました。ここまで膨らむとは!
ですが、美味しかったですよ?。
PXL_20210918_132902513_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2022/05/21(土) 04:58:49|
  2. 投資の話
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (59)
お金の話 (70)
オーディオ全般 (2)
投資の話 (261)
マンションの話 (86)
食べ物の話 (10)
社会の話 (28)
映画の話 (10)
ソーシャルレンディングのお話 (527)
生活一般の話 (70)
東京散歩 (8)
ソーシャルレンディング月次報告 (52)
お酒の話 (20)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (3)
FIRE(経済的自立による早期リタイア) (9)
エイプリルフール (3)

アクセスカウンター

アフィリエイトリンク

私が利用している事業者のアフィリエイトリンクです


【クラウドバンク】約500万円投資中
クラウドバンク
【CREAL】約100万円投資中
CREAL
【Funds】約150万円投資中
Funds
【楽天証券】メインで利用している証券会社。約3000万円投資中
楽天証券
【野村不動産アーバンネット株式会社】不動産売却時に参考にさせていただきました。

【A8.net】アフィリエイト

ランキング

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する