fc2ブログ

けむけむの投資日記

ボツ記事:リスク許容度ガバガバな自分ですが、FIREに対しては大きなバッファを取っています

数日前に書いて、なんか違うと下書きにしたままだった記事(結構、そういうボツ記事は多い)。
別にそのままボツでもよかったのだけど、記事とするネタも無かったので復活?
いや、ボツでもいいか。
ただなぁ、、、。何文字?結構書いたので、日の目を見せようと。
まぁ、推敲(なんていつも甘々だけど)もしてないから、構成も内容もおかしいかもしれん 笑
どうでもいい記事ではあるけれども、UPしてみる。


●おまけ
まだ暑いけど、それでも涼しくなってきました。
台風も来なさそうなので、ちょっと旅行でも行ってくる!。
なので、ブログの更新が止まります。

涼しさを求めるなら、北関東か東北あたりか?
ラフティングとか登山とかするつもりはないけれども、なんか川や山のような涼しいところへ行って来たいねぇ。

久しぶりに実家に戻ってゆっくりするのもありかもしれない。
もう数年帰ってないし。偶に戻るくらいはいいのかもしれない。
実家でよく行ってた中華屋はまだやっているだろうか?
あそこのチャーハンや餃子は好きだったんだよなぁ。


●今日の1枚
地主の優待カタログが来ました。
始めてだっけ?2回目だっけ?
食べ物が主な選択肢ですが、ハムにしました。
シャインマスカットもあったんですが、それは次回以降にしようかなと。
思ったより、選択肢が多かったので、おすすめ?
PXL_20230912_012010561_R.png





~~~~~~ ボツ! ~~~~~~
自分の投資に関してですが、リスク許容度は激しくガバガバです。
自分の投資している金融商品を見ていれば分かると思いますが、過去も現在もオイオイって呆れられるような金融商品へ投資をしています。

結果的に勝った原油ETFですが、それだって大きな含み損を抱えていた時期がありました。
最終的に2倍以上になったら売却するという決断の元で、粘り勝ちしただけ。
自分としては、原油価格がマイナスとなるような異常な状態が続くとも思えず、また過去から追っていた原油価格よりどこかで反発するという確信が、少なくとも自分の中ではあったから。

落ちてくるナイフはつかむな

という証券用語がありますが、地でそれをやってました。
手はもう血だらけ!。
これどこまで下がるのか?という。
まぁ、結果的に粘り勝ちしたからこそ、今となっては笑い話になりますけどね。


そして現在、KOSPIベアとかいう怪しいETFに原油ETFに投じた額以上の資金を投入しています。
中国の嘘くさい情報とは違い、韓国ならある程度は信じられる情報が出てくるだろう?という考えのもと、
また、中国が沈みかけ、それにべったりの韓国が沈まない訳もない。
日本が助けなければ、またデフォルトするだろうな?くらいの考えのもとで、また怪しい金融商品を買ってるわ、あの人と言われてそう。
まぁ、これも勝てれば、よくやったね!と言われるでしょうが、大損かませば馬鹿がいたね!で終わるだけ。


日本株についてもです。
普通、いや、何を普通というのかも難しいですが、あの元棋士の桐谷さんじゃあるまいし、優待株だけで投資をするのはどうなの?と。
普通、本気で投資をするのなら、高配当株や日経平均のETFとかそういうものを購入するでしょう。
何かポリシーがあって投資をするにしたって、近場に優待を使える店舗が多々あるから、その優待株を購入するとか。
投資を真面目に考えている人からすれば、もう少し真面目に投資できない?と言われるかもしれません。


そう、危ない金融商品に手を出すわ、優待メインで遊んでいるようにしか見えない、そんな投資をしているのが自分です。
自分で書いていても、なんともねぇ、、、と思わないでもない 笑


そんな自分ですが、投資については、上記のようにガバガバですが、FIREについては結構ちゃんと考えています。
いや、投資のガバガバに比べればということかもしれませんが。

1)FIREは、年齢が若ければ若いほど難易度は上がる
2)ある程度の資産は運用することで目減りを減らすことは考えても、あまり過度な運用成績を考えない
3)お金が問題とならないように、大きなバッファをとる
4)FIREの失敗による全ての問題は、全て自分だけが背負う

一番上は誰でも分かる話ですが、勤続年数が少なければ厚生年金の積立額が減ります。
また、若くFIREをした場合、亡くなるまでの年数が多くあるということを意味します。
30歳でFIREした人がいて、80歳まで生きるとしたら、50年間の生活費を考える必要がありますが、
50歳でFIREした人なら、同じく80歳まで生きるとしても30年の生活費だけ考えるだけでよくなります。
まして、20年多く働いている事実から考えるなら、65歳以降に受け取る年金額も大きくなる訳で、金銭的なリスクが減ることにつながります。
お金が無くなったFIREほど惨めだと考えている自分だけに、お金の面においてそれが枯渇するリスクは負えないと考えています。

2番目も大した話ではありません。
大きなリターンを求めた場合、そのリスクも大きくなります。
2~3%の運用成績ならそこまで難しくないと考えますが、これが5%程度から徐々に、そして10%を超えたらまず無理だと考えています。
そもそも年間の支出額を明確にしておけば、平均余命+20年くらいを上限に必要な資金を計算すればいい。
現在、男性の平均余命は80歳程度らしい。
もし現在50歳でFIREを考えているのなら、100歳までの残り50年に必要な資金を計算すればいい。
年間250万円使うのなら50年間で12500万円。
実際には年金を貰うだろうから、65歳から受け取るとして、35年×12ヶ月×10万円とするなら4200万円。
まぁ、8000万円ちょっとあるなら大丈夫だね!ということになる。
ここで、資産運用で年2~3%くらいで運用できるのなら、もっと金銭的な余裕ができる。
それこそ運用に回す資金を減らしたり、更にリスクがない金融商品に預けたりすることも。


3番目は、2番目の延長という感じの話になるかもしれませんが。
必要な資金を計算した上で、バッファをどこまで持つか?ということです。
手持ちに8000万円あり、現在50歳でFIREをするとして、まず問題がないということは上で述べた通りです。
もし世界恐慌のようなことが発生し、安全と思われていた金融資産が半減した!ということまで想定するなら、
それなら手持ちの資産2倍の1.6億円持っていればいいと。
そういうバッファをどこまで持つかという話です。
バッファに含める資産は、別に株や現金といった換金性の高い資産である必要もないと考えています。
それは自宅の不動産だったり、親の遺産だったりでも。
最悪、それを売却したりして入手できるならというものでもいいと。
とはいえ、2番目の計算上、ほぼ大丈夫という上での話です。


最後の4番目は、FIREするにあたって当たり前の話と考えています。
自分ひとりがFIREに失敗し野垂れ死のうがそれは、自業自得。
ただ、その失敗によって、例えば身内の家に転がり込んだり、借金をして迷惑をかけるというのも違う話。
悠々自適にFIREを楽しみたいのなら、それはまわりに、特に身内に迷惑をかけない範囲でやるべき。
だからこそ、楽しめるし、ストレスも溜まらない。


さて、自分の場合に当てはめて考えると、バッファは2倍くらいでFIREしていたと思います。


・・・
・・


ここら当たりでなんか違うって書くのを止めました。
なんか違うわ~。
いや、以前も似たような記事を書いたような気がするってのが一番の止めた理由かな。
毎日のようとは言いませんが、1000記事以上書いていて同じ様なタイトルや内容の記事になったりするのは、致し方ないとは思うけど。
ネタが尽きかけているいるんじゃ~って話なのかもしれません。
あまりに外出などイベントらしいイベントしてないから。



●おまけ 番外編
ちょっと前に、奢られ下手という記事を書きました。
同じレベルの話で質問の仕方の下手な人がいます。
別に質問するなという話ではなく、最後に回答ありがとうございましたの一言が書けないの?と。
これは、ほぼ全てのことで言えると思うだけに。なんともねぇって話です。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/09/12(火) 10:45:42|
  2. FIRE(経済的自立による早期リタイア)
  3. | コメント:0

FIREと金融税制

投資活動をしていると、その金融税制について詳しくならざるを得ないと感じることがあります。
自分が投資を本格的にやり始めてからでも、
・投資の税率10% (軽減税率。平成25年末まで)
・投資の税率に復興特別所得税が加わる (平成25年から)
・投資の税率20.315%、NISA始まる (平成26年から)
・来年から新NISA
といろいろと変わってきました(たぶん、税率や時期の間違いないはず)。

一番上の10%時代が多分一番よかったのではありますが、これってアベノミクスの恩恵を受ける前ですからね。
アベノミクスで大きな利益を得た金融商品を売却したとき、その税の大きさにはげんなりしたものです。


さて、先日FIREと政治の話を書きました。
国政選挙の時、各候補者や政党は、金融税制について言及することがあります。
自分の場合、金融税制を悪くする方向で提示してくる政党や候補者には、他の政策がよっぽど良くない限り入れるつもりがありません。
まぁ、金融税制だけで決める訳でもありません。とはいえ、その比重は大きくしています。


今の政治を見ていると、増税ばかりで、減税や景気がよくなる話が少ないと感じています。
最近のインフレを見ていると、特にそう思う次第。

だからこそ、どうせ自分の1票なんて役立たないと思うことなく、少しでもまともと思われる候補者や政党に投票する。
それくらいしかできない歯がゆさはありますが、民主主義なんてそんなものと。


FIREをして生活をしていると、特に大きな買い物をしない限り、インフレによる影響はそこまで大きくないし、制御できるものと考えています。
例えば、食費が上がったと感じるなら、事実そうですが、自炊比率を上げたり、外食するにしても比較的安価なところに行くなど。
まぁ、そこまでしなくても!と思いますが、一事が万事です。
そういう心がけが必要という話。


今のところ、金融税制で思うことがあるとするなら、
・NISAは分かりづらい(少なくとも初心者に勧めるには仕組みが理解しきれないのでは?)
・昔の軽減税率の10%の頃のような仕組みで良かったのでは?
・若年層や家族持ちの資産がない層を富ませる為に、金融税制自体もそれを考慮するべきでは?

1番目は勉強せい!って話で終わりそう。自分らのように既にNISAをしている人や金融リテラシーが高い人ならいいのですが。
今まで投資らしい投資をしてこなかった層には、ハードルは高いと思うのですよ。

だから2番目のような、一律10%といった誰もが簡単に分かる仕組みがいいだろうと。

最後の3番目については、証券税制って資産の有無や家族構成など全然関係なく一律であるということに問題がないか?と。
別に若年層や家族持ちが金持ちになったからといって、その額は大きくもなかろうて。
この層を豊かにすることこそ、将来に繋がるのではなかろうか?と思う。
まぁ、自分は当然対象外ですし、FAT FIREしている時点で対象になる訳もありません。


今の金融税制がいいとはこれっぽっちも思えませんが、資産持ちとしては便利。
もし、金融税制がどこぞの国のように累進課税に改悪されるリスクを思えば、安易に変えろとも言いづらい。

便利に自分の都合が良いように金融税制と付き合っていくしかないですし、
また、選挙のときは候補者や政党が金融税制についてどのような考えでいるかを
考慮した上で投票したいものです。


●おまけ
楽天証券で取引した課税額を見るに、今までの源泉徴収税額の合計は約1200万円です。
そのうち軽減税率があった頃に支払った額は、100万円ちょっと。
約1100万円が現在と同じ20.315%の税率で税金を支払ってますから、もし軽減税率が継続してたなら半分の550万円は手持ちにあったことに。
NISAなんてどうでもよくなる、そんな良き軽減税率の時代は10年近く前に終わってしまったという話。


●今日の1枚
鳥貴族の夏の期間限定メニューより、”釜揚げしらすの温玉シーザーサラダ”。
鳥貴族は、一律360円なので注文品数で値段が確定します。
なので、ちょっと軽く食べに行こうかな?と思った時に行くお店。
期間限定メニューのうち、このシーザーサラダを頼んでいなかったので注文してみました。
結構美味しかった。
残念なことに夏も終わりなので、次の秋の期間限定メニューになっちゃう(9月7日から)。
なお、秋の期間限定メニューでは、”国産長芋の唐揚とたまごタルタル”が美味しそう。
PXL_20230903_163024544_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/09/06(水) 00:27:55|
  2. FIRE(経済的自立による早期リタイア)
  3. | コメント:6

FIREと政治

基本、FIREすると暇になる。
そらそうです、仕事をしなくなるのだから。
※FAT FIREでの話です。

だから、興味のあることに走ることが多く。


さて、ちょっと話は飛びますが、以下のようなサイトで、性格診断テストができると聞いて。
やってみました。
結構設問が多くて時間もかかりましたが、多くの設問によって性格が上手く診断できる模様。
結果と自身を振り返ってみるに、それなりに。外れてはいないけど、概ねあっているね!と。

●16Personalitiesより、以下リンク
「無料性格診断テスト」


そういえば、こういう設問が沢山あって結果を得るサイト、何かあったよな?と思い返してみるに。

あ~、そうだ、選挙のときに使ったわ!と。
●選挙ドットコムより、以下リンク
「投票マッチング 統一地方選挙 2023」

上記リンクは、統一地方選挙の場合ですが、確か参議院選挙のパターンもあったような。

何にしても国政選挙ならともかく、市長選とか市議会議員選挙、またと議会選挙や知事選など。
候補者が何をやりたいか、またやってきたかなどを調べ、そして自分の意見に一番マッチしたものを見つけられるのは便利。

市議会議員選挙1つ取っても、なかなかどの候補に投票していいか、その判断基準となる情報を取り寄せるのも面倒だし。
実際には、この選挙ドットコムの投票マッチングを参考に、数候補決めてから、実際にその候補者のX(旧 ツイッター)を見たり、他のSNSを見たりして決めています。


FAT FIREした者が何か趣味などに邁進すればいいのですが、それすら飽きがくる訳で。そして暇に。
無駄にお金と時間があるからこそ、政治関係に関わるのは面白いとは思う。
あまりのめり込むことなく、SNSで特定の政治家や政治団体を紹介するだけでもいいと思う。
もっと積極的にというのなら、選挙活動の支援、例えばポスター貼りのボランティアなどしてみるのもいい。
※ポスター貼りのボランティアは、地域を知るという面で面白いと思う


これが数千万円や数億円じゃなく、数十億円や数百億円といった大きな資産があった場合、それら資金を使った政治家や政治団体への支援は、政治を動かすという観点から面白いとは思う。
まぁ、そこまで資金があって、政治に興味を持っている人がどれほどいるのか?という話はありますが。

もし、自分が1000億円くらいのあぶく銭があったら、政党を作るということをすることをしないまでも、新しい政党の支援とかしてたかも。
まぁ、そんなお金はないからやりませんけどね。
自分ができるのは、応援したい政党や候補所に1票入れるだけです。


暇なんだよ、FAT FIREは!
と思っているのなら、趣味の1つとして政治というものに興味を持つのもありなのかもしれません。
まぁ、あまりにのめり込むのは勧めませんけど、面白くはあると思います。


●今日の1枚
最近、野菜炒めをすることが多く。
あれ?空っぽ!
このS&Bの胡椒ですが、100gサイズです。
昔、角L缶という420gの大きい奴を買ったことがあるのですが、空になるまで数年もかかりました。
自炊をそこそこするなら100gサイズくらいがちょうどいいと思う次第です。
PXL_20230903_024013291_R.png


少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/09/05(火) 07:24:43|
  2. FIRE(経済的自立による早期リタイア)
  3. | コメント:0

FIRE?それとも。だから?

子供の頃や若い時期より時間が経つのが早く感じるのは、FIREしているからか?いや、単純に年齢を経たからか?

たぶん、後者。
いや、前者もあるか。
会社員時代に比べてイベントが減った。
いや、減ったっけ?

仕事でいろいろ大変な時期もあったから、その大変なことはよく覚えている。
逆に大変じゃなく、定型的にしていたような作業まで覚えているか?といえば、いやぁ、そんなことしたっけ?と。

年取って、更にFIREをしていると、ちょっとしたイベントすら、数年前だったということもある。
特にコロナ禍であまり外出もせず、自宅に引きこもっていた時は、イベントらしいイベントもなかったのもあって何をしていたのか?


そういう意味では、ブログにしても、日記にしても、そういう日付指定でイベントを残す、これは後で見返してみて、あ~あれしたっけか!となるので面白い。

とでも、言うと思ったか~!
いやぁねぇ、自分のブログの記事数は、現時点ですら1500弱ある。
カテゴリ分けをしていて、特定の事柄だけ過去を振り返るということもできるが、それだって結構適当で。
特に多いカテゴリだと300や500といった記事数にもなっているのもある。

そんなの見直すなんてしない。
特定の記事を探そうとするなら、ブログからキーワード検索をすればいい。
実際問題、数年前のどうでもいいような記事は、何を書いたか覚えてもいない。

試しに1年前の記事を見てみたら、”松屋、無料の味噌汁”について書いてた。
本当にどうでもいい 笑


さて、過去を振り返るに当たって、今のところ一番いいと思うのは、写真だ。
Google photoで管理しているのあってか、撮った写真を一括で見ることも簡単。
試しに1年前の写真を見てみたら、地元のお祭りの写真(記事に使ってない)でした。
そういえば、先週末にお祭りあったっけか。暑いのでパスしたけど、行って写真の1枚でも撮っておけばよかったなと。


さて、最後に書いた通り、容易に過去を振り返るには写真が便利。
今どきのスマホは優秀なので、10何年も昔のデジカメより、よっぽど優秀です。
これ写真撮っておこう!と思ったら、取り出してパシャ。
ものの数秒で撮りたい写真が撮れる。
便利なものです。


写真は、どうでもいいのが対象でもいいんですよね。
例えばちょっと出先で撮ったどうでもいい1枚や、食事の写真でも。
それを見て、そういえば、あのとき、あそこへ行ったなとか、食べたなとか思い出せればいい。

FIREして暇なので、そういうイベントを多く。
そして写真を撮っていきたいと思う。


●おまけ
日々、読書三昧だと日が経つのが早い?
結構な量を読んでいるのですが、ネット小説で読んでいると一日何冊読んでいるという感じもなく。
なんか、なんともねぇって話。
まぁ、いいんですけどね。

●今日の1枚
ベンチャーウイスキーのイチローズモルト。
買う機会があったので、買ったという感じ。
イチローズモルトのピーテッドウイスキーが好きです。
昔は安いとは言わないまでも、入手できる値段だったのになぁって感じです。
今の、それもプレミアム価格になったイチローズモルトは、少なくともほぼ定価以外では買う気が起きません。
中国人を始めとする転売ヤーを厳しく対策して欲しいんですけどね。
今の状況は、なんとかならんものかな?と思わざるを得ない感じです。
PXL_20230829_112733827_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/08/29(火) 20:41:35|
  2. FIRE(経済的自立による早期リタイア)
  3. | コメント:2

FIREにおける浪費。消費・浪費・投資(貯蓄)の分類から考える

いつまでもあると思うな親と金!

こんなこと投資に興味がある人は誰でも知っている諺だと思います。

●コトバンクより、以下リンク
「いつまでもあると思うな親と金」

以下、引用。
頼りとなる親はいつまでも生きてはいないし、金も使えばなくなってしまう。


当たり前といえば当たり前。
いや、当たり前すぎると思う。

昔から収入と支出のバランスは必要で、収入に対して支出が多ければ、お金は貯まらない。
いや貯まらないどころか不足して借金に走るかもしれません。


さて、お金は使えばなくなるということを考えたとき、その支出方法を考え直す必要があると考えています。
家計の管理において、その支出を「消費・浪費・投資(貯蓄)」に分けるという考えです。

●ファイナンシャルフィールドより、以下リンク
「【家計管理】家計を「消費・投資・浪費」に分けるメリットとは? 出費を見える化する方法も解説!」

「その支出は消費・浪費・投資のどれ? 支出を書き出し家計を管理しよう!」

ここで上記記事より、消費・浪費・投資(貯蓄)についての説明を引用させていただきます。
■消費
消費は、日常生活に欠かせない支出のことです。住居費や水道光熱費などの「固定費」と、食費や日用品費などの「変動費」とに分けられます。これらの出費にお金を使うことで、それ相当の価値を得られることが大きな特徴です。

■浪費
浪費とは、衝動買いなどの無駄遣いを意味します。生活に必要な出費ではない、支出に見合う価値が見いだせないという点にも注目です。仕事で義理で出席する飲み会なども、無駄に感じられると浪費となります。

■投資
投資には、将来のための積み立てや貯蓄が該当します。また、出費した金額以上のリターンを期待して行うことも少なくありません。スキルアップに必要な自己投資も、こちらに当てはまります。



上記は、言葉の通りではありますので、概ね考えていた内容と相違はないかと思います。
まぁ、スキルアップが投資に当たるかは、自分としては懐疑的ではありますが。自己投資は、方向性を間違える場合が少なからずある、いや多いと思っているからですが。


さて、生活の支出を見直すとして、その支出は3つのどこに属するか?と見てみるといいですね。

以下は、自分がMoney Forward Meで入力している入出金の、支出分類ごとに棒グラフにしたものです。

支出内訳_月次推移20230820_R2

3月と7月にある右側の水色は収入(還付金やSLの払戻金)はおいておくとして。
5月のベージュは固定資産税です。
7月のピンク色は、ゲームだったり自転車だったりお酒だったり。

そう、ピンク色の分類はおわかりの通り、”趣味・娯楽”です。
これ、端的に言えば、全部浪費!。
いや、浪費と言わないまでも、浪費寄りの消費といったところでしょうか。
唯一、自転車関連だけは、もしかすると体を鍛える(?)ためと称して、未来への投資!と言い逃れができるかもしれません。
まぁ、それだって按分して考えるなら、浪費寄りになるでしょうね。


この棒グラフを見て、どう思いますか?
あれだけ浪費しているように見える本ブログだけどそこまで支出多くないよねと見えるのか?
約半年程度のデータにもかかわらず、随分とピンク色が多いね!使いすぎというか浪費多すぎじゃないと見えるのか?
収入少なすぎ、げらげら!笑と思われるのか。

まぁ、人それぞれでしょう。
FAT FIREをして、浪費なく生活するのも違うと思うところはありますが、
かといってFAT FIREの底辺あたりの資金でリタイア生活を楽しんでいると思うのなら、
ちょっとピンク色が多いよ!と、自分としては見ています。

あと、赤の食費ですね。
そこまで大きくはありませんが、適当に外食が多いのも事実。
ここは、健康面という観点からもう少し食生活は見直した方がよくない?と思ってはいます。
まぁ、簡単でもないのですけどね。


さて、話がどこかよく分からない方向に行っていたので修正します。

FIREにおける浪費、これは絶対に駄目とは言わないけれども、それでも限度はありメリハリは付けるべきだと思います。
前澤友作氏のような資産が2000億円を超えているような人なら別ですが、1~2億円しかない人は浪費しすぎれば数年でなくなる可能性も。
よく宝くじ当選者やスポーツ選手が大きなお金を手に入れるも、浪費で数年後にお金がない!という話を聞いたことがあるかと思います。

車、数千万円。
大豪邸、数億円。
大豪遊していれば、そんなの一瞬ですよ。


多くの消費が良くないことは分かるとして、それを0にしないとするならどの程度が適当なのか?
自分としては5~10%程度がいいと。
その程度なら、そこまで大きな影響はないでしょう。
今回の記事はFIREという観点で書いていますが、別に会社員時代でも同じだと思います。
あまり大きな浪費をしていると、何も残らない。


さて、FIREの観点から消費および投資(貯蓄)はどうか?ということを考えてみたいと思います。
収入における割合と考えた場合、FIREしていると投資(貯蓄)はしていても、それは家計簿という支出の枠に計上されないかもしれません。
事実、自分の場合は、1円たりとも投資にという枠はありません。
いや、なくなってしまったというべきかも。maneoやSBI SLにのめりこんでいたときは、それらに投資するといった支出項目がありました。今となっては、影も形もありません。
株式への投資も、証券会社を始めとする金融機関に入れた資金から出していますから。
自分のような場合だと、投資(貯蓄)は0円計上のような感じになってしまいます。
FAT FIREに限って、あまり収入を得ることに積極的ではない場合は、こういう感じになってしまうのかもしれません。
まぁ、FIREと投資(貯蓄)については、どのように見せるか、それは別途考える必要があるのかもしれません。

会社員として考えるのなら、投資(貯蓄)は、その収入の多寡に依存すると考えています。
手取りが少なければ比率は小さく、手取りが大きければ比率が大きくなる。
もし、手取りが20万円前後の20代だったとしたら、年収ベースで考えるなら可能なら50%くらい頑張ってみたら?と言いたいかな。まぁ、あまり言及しない方がいいかもしれません。頑張れる範囲でなるべく頑張って比率をあげようよ!と言うくらいでしょうか。


消費に関しては、浪費でなくとも見直しは出来る所はあるかと思います。
とはいえ、過度な節約は止めた方がいい。
これもそれなりに、変に多い消費には注意しておきましょうくらいでしょうか。
これは、FIREだろうが会社員だろうが同じだと思う所です。


さて、ちょっと適当にまとめます。
浪費は駄目だとは言いませんが、あなたの収入や総資産を考えた上で問題ない浪費となっていますか?
と。


ちょっとこの頃メリハリがないので注意したいと思っています。


●おまけ
フォーブスでは、日本の長者番付を発表しています。

・フォーブスより、以下リンク
「2023年フォーブス「日本長者番付」発表、首位は今年も柳井正」

こういう人たちは、どんな美味しいものでも、どんな高価なもので浪費していいと思います!笑
数千億円の資産とか、想像も追いつきません。



なお、この50位までのランキングの企業名/ブランド名/業種を見て、その大半が分かったら経済をよく見ているなと。
いや、常識?
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/08/20(日) 20:32:34|
  2. FIRE(経済的自立による早期リタイア)
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (67)
お金の話 (88)
オーディオ全般 (3)
投資の話 (361)
マンションの話 (104)
食べ物の話 (14)
社会の話 (28)
映画の話 (18)
ソーシャルレンディングのお話 (537)
生活一般の話 (121)
東京散歩 (8)
ソーシャルレンディング月次報告 (67)
お酒の話 (22)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (7)
FIRE(経済的自立による早期リタイア) (48)
エイプリルフール (4)
株主優待 (2)

アクセスカウンター

検索フォーム