fc2ブログ

けむけむの投資日記

お金の話は相談できない?いや、お金の悩みは相談できない??

日本人?いや日本の場合、お金を稼ぐということを忌避に感じる人はいる。
これは、宵越しの銭は持たないという話ではなく、齷齪して働いてお金稼ぎに勤しむことに嫌悪感を持つ、という人がいるということ。

だからお金の話を大っぴらにすることは、はしたないとか、金金金金と、また金の話かよとか、そういうことを感じる人がいる。
これは、投資をしてお金稼ぎに面白さを感じた人なら、少なからず感じたり、思ったりすること。

これ、額が小さいならまだ大丈夫。
ですが、高々100万円くらいからやりづらく。
1000万円如きですら、もう人に話せる話じゃない。

少し話の観点を変える。
FIREという方法は、それがFAT FIREどころかSIDE FIREですら、相応の額が必要となる。
まさか、100万円くらいしか資産がない状況でFIREできると思っている人はいなかろう。
今の状況ですら、SIDE FIREをする場合は1000万円は最低、普通に考えれば2000万円以上用意するだろう。

まして、FAT FIREなら。
必要な資金はどんなに少なくても5000万円。普通に1桁上がって1億円というのも珍しくないというより、当たり前の額になってくるだろう。


さて、ここでお金の相談や悩みの話をする。
本当に属性が似通ってたり、資産が同じかそれ以上ある人になら別だが、それ以外の人にお金の相談なんてできない。
1つ間違えれば、自慢話になる。
下手にお金があることが広まれれば、犯罪行為に巻き込まれることだってありえるだろう。まぁ、そこまでになることも少なかろうが。

だから、自分がアラフォーで5000万円を優に超えて1億円くらいに資産が増えた時、相談できる人は身内1人以外いなかった。
今も本当の意味での相談やお金の雑談をするともなれば、その1人以外いない(SIDE FIREしている、資産は準富裕層)。
このブログで資産状況を公開し、それをコメントでやり取りすることはあっても、それは、相談や悩みをしていることは、無いと思う。
もし、相談や悩みに近い話を独り言が如く、記事として起こすのみ。

先日、古くからの友人数人にFIREに至るまでの資金ができた時、その相談ができない旨を言ったら、ごくごく当たり前のように”そんなのできる訳もないし、相談されても困る”と言われた。
これは驚くとか、そういう話ではなく、そういう答えになるよなって。

日本でお金の話や悩みは相談はできない。
だからこそ、FIREに至る話は、自分で考えるしかなく、相談する話はあり得ないということになる。


なお、お金の話や悩みとは別に投資となると別。
投資手法というのは、20年前ならともかく、今はある程確立している。
・長期投資をして分散投資されたコストの安い金融商品を、税制が優遇されているNISAやiDeCoを利用して投資をする
・高配当株を選択肢、配当を収入の軸とする
・米国株が好調だったことより、S&P500やナスダック、それこそFANG+に投資をする
・インド株などこれから成長すると思われる国や企業に投資をする
などなど。

これらは、複数の選択肢があり、額の多寡に関係なく、それこそ証券会社や銀行、またファイナンシャルプランナーなど、専門家と相談することができる。
※ 営利目的や関係性を考えるなら、バイアスがかかっている状況での相談になるのは間違いない。自分は最初から信じていないし、相談することは皆無ではあるが、投資なんて最初から勉強するつもりもなく、普通預金や定期預金よりマシならいいやくらいの人の場合は、便利そうかも。

昔と違って、確立された投資方法なんてそれこそ、ちょっと大きめの本屋の投資関係のブースに行けば、多くの本はあろう。
高くても数千円、それこそ1000円にも満たない投資初心者用の雑誌を数冊買えば、必要なところは概ね理解できる。


投資手法は相談しつつも、大きな資産を作れた場合、その後の決断の多くは相談できないことが多い。
特に大きなお金は、電灯に集まる虫が如く。絶対に資産を公開してはいけないという。
甘い蜜に群がる虫に、いいように吸いつくされてしまう!
これが日本の現状。いや、別に日本に限らないか。
どのみち、大きな資産について相談できる場もなければ、人もいないと思った方がいい。
※ これが資産数百億円とか、大富豪において、その資産の運用を全部受け持つ専門家とかなら別。そういう人はその資産を増やす、また維持することを目的に動き、相応の報酬も貰うことになっているから。たかだか数億円の小金持ちの庶民とは違うのですよ!


そう、
投資についての相談はできる。
だが、投資に限らず、大きなお金を持った状況をして、その悩みや相談はできない。
むしろやってはいけない話。
もし、できるとするなら、同じような属性か相談者以上の資産を持っている人(それだって怪しい人はあぶない)にしか。

日本の場合、特にお金について話すことは、禁忌とは言わないまでも、やるべきではないという背景があることを理解はしておいたほうがいい。

※ 清貧が好まれる、そんな土壌が日本にはあるのだと思う。


● おまけ
・楽天証券より、以下リンク
「iFree NEXT~特徴のある成長分野に着目した個性あるインデックスファンドシリーズ【大和アセットマネジメント】」

以前も紹介したかもしれませんが、面白いとは思う、そんな金融商品です。
リスクを負った上で、一発勝負とは言わないまでも、ある程度投資をすると面白そうという。
ま、自分はこのような投資先を含めて、投資自体を今多くする事に否定的なので、食指はまったく動きませんが。

どちらかというと、例えばS&P500でも日経平均でも、中国ショックなど暴落相場をして、市場が低迷し何割も下がったときに資金投入をしたいかなって程度。
そのときは、余剰金を全ツッパ!とか、しそうな自分がいて怖いわ~~~笑

●今日の1枚
以下は、FANG+の最近5年のチャート。
これを見て、まだまだ上がる!と思う派か、それとも、いやいやもう上がりきったと思う派かは、それこそ人それぞれ。
自分は後者。いやぁ、よくもここまでと思わざるを得ない。
なお、2023年初頭に投資をした人がいたら、資産が2倍になってますわな。
きょ、去年頭から新NISAが始まっていたら!とか、取らぬ狸の皮算用をしそう。
FANG_20240120_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2024/01/20(土) 14:16:56|
  2. お金の話
  3. | コメント:2

タンス預金の話

●ファイナンシャルフィールド(ヤフーニュス)より、以下リンク
「タンス預金の200万円があります。ウチは田舎の民家ですし、調査が入ってバレるなんてことはないですよね……?」

上記記事を読んで最初に思ったのは、不正で得た資金じゃないのなら、タンス預金で罪に問われることもないし、調査が入るわけもなかろうと。
次に思ったのは、ちゃんと相続の時は、申請しろよな。

その2点くらい。
こんなのを質問する輩がいて、それが記事になる。
あまりの馬鹿馬鹿しさに苦笑すら出てこず、ただただ呆れた。
ここまで、日本の金融リテラシーは低いのか!とね。
バカバカしい。


さて、上記記事のバカバカしさは置いておくとして、タンス預金の話。
まず最初にタンス預金で思うことがあるとするなら、
1) 震災や水害など災害発生時で銀行やATMでお金をおろせない場合を想定し、1週間程度の現金はあってもいいと思う
2) タンス預金という現金が大きい額過ぎた場合、防犯的に問題になろうて
3) タンス預金は、そこにお金があるだけ。何もタンス預金からは生み出さない

1は災害大国日本ですから、1人あたり数万円程度あってもいいかと。
通信網が壊れて復旧するまで、現金しか使えない場合も想定したほうがいいという話。
毎年発生する話でもありませんが、数十年に1度くらいの頻度では発生しうるくらいの感覚。
大した額でもないので、それくらい用意しておいてもいいという。

2はそのまま。
自宅に数百万円や数千万円もあったら、強盗に入られて盗まれた戻ってこないでしょう?と。
というより、なんでそんなに自宅においてあるのですか?と問いたい。
いらないでしょうに。

3もそのままの話。
まぁ、銀行の定期預金や普通預金にあずけていたところで利子なんて雀の涙程度ではありますが。
それより2を考えると、銀行にでも預けておいた方が安全。
将来、相続で脱税を予定しているとかそういうことを考えていないのなら、タンス預金にしておく必要がありません。



こういう疑問を持つこと自体が悪いとは言いませんが、
そんなことをわざわざ質問するほど金融リテラシーがないことに本当に呆れた感じ。
いったい、何をしたいのやら。


●おまけ
愚かな金融庁は、更に愚かな金融リテラシーがない国民向けに、Youtubeに動画でも上げれば?と。
いや、ヒカキンとかひろゆきあたりに、仕事として金融リテラシーを高める動画を作ってもらうよう、依頼するとか?

ん~、ないか。
ないね!。

●今日の紹介
寒い、寒すぎるこの頃。
だから、温かいお風呂に入ったり、温かいお茶を飲んだり。
で、お茶の時は、キリンのアルカリイオン水を飲んでいたですが、終売になっていたみたい。
だから、今度は、後継のこのうミネラルウォーターを買う予定です。


●今日の1枚
防災を兼ねて、2リットルサイズのミネラルウォーターを複数本購入しています。
2リットルが6本で1ケース。
で、10ケースほど購入して備蓄。
冬場は、そのミネラルウォーターをお茶で消費して、新しいのを書い直しています。
そろそろヤマダ電機の優待券が到着するので、それを使ってまた10ケースほど購入予定です。
次回は、上記の紹介でも書いた自然が磨いた天然水になりそうです。
PXL_20231209_105744728_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/12/09(土) 20:05:34|
  2. お金の話
  3. | コメント:0

日本人の貯蓄格差か

金融広報中央委員会がやっている”知るぽると”は、家計の金融行動に関する世論調査という調査をしている。

●知るぽるとより、以下リンク
「家計の金融行動に関する世論調査」


調査結果では、複数の切り口で情報を集計している。

以下は、年代別の金融資産保有額の表である。

年代別金融資産保有額分布20230907_R

20代や30代で金融資産を保有していない場合や、保有していても100万円未満の層が多いのはある程度仕方ないとしても、全年代で見ても、同じ様な傾向が見られる。
お金が無い人は、年を経ようが無いと言い切れるくらいに。

以下は、世帯別の分布である。
これも年代別と一緒で、お金がない人は、家族がいようがいまいがお金が無いということである。

【単身世帯】
単身世帯金融資産保有額分布20230907_R

【二人以上世帯】
二人以上世帯金融資産保有額分布20230907_R


これらの集計結果を見て思うことがあるとするなら、
お金が貯められない世帯や個人において余裕がないとお金を使い切っている層は、いつまで経ってもお金を貯められず、その結果としてこのようになっているのだと。


ここで、大いに思うことがあるとするなら、それは、
・平和な地域に住み、安定した資本主義社会の元で、容易に投資できる環境という認識がない、なさすぎる
・複利というものは怖い。積み重ねの差というものがここまで顕著に結果として現れる


今の、本当に最近の話で言うなら、ネット証券で簡単に口座を開設することができ、また多種多様な金融商品を選びたい放題。
更に言うなら金融商品売買による手数料は格安で、最初からコストが本当に安い金融商品が準備されている。
数十年程度には実績のある金融商品をして、まず負けないと思われる投資手法が確立されつつあり、またそれら購入にはNISAやiDeCoといった税制上メリットのある制度すら用意されている。
後は、余剰資金を作ってやるかやらないかというところまでお膳立てされている。

電卓を叩けば複利計算なんて簡単にできる。
Excelなどの表計算ソフトを使うもよし。
今なら複利計算のシミュレーションをしてくれる各種サイトがあって、そこでは複利を使った様々なシミュレーションができる。
月々1万円というお金を考えてみよう。
普通の会社員なら余裕な額。バイトしている高校生だって用意できる、その程度の額である。
その1万円を毎月貯める、そう積立する人がいたとして、1円も貯金してこなかった人との差は?
1年で12万円。10年で120万円。20年で240万円。
資産運用をしていると年間3%運用くらいでなら、そこまで難易度が高いとは思えない。
なかなかコンスタントにということは難しくても、運用の良い年と悪い年もある中での平均で考えるなら。
ここでは計算を簡単にするためコンスタントに毎年3%運用がされたとしよう。
ほぼ金利が0の預貯金だけで20年貯めるなら、20年後の積立額は240万円である。
コンスタントに毎年3%運用することができたのなら、(計算が間違いなければ)20年後の積立額は約330万円になる。

実際にはコンスタントな運用になることは珍しく、また額にしても毎月1万円ではなく、徐々に積立額を増やしたり、賞与も入れたり、運用年数が20年ではなくもっと長期に渡るなど条件も異なってこよう。
大した額とも思えないような余剰資金をして複利の元で積み重ねていくことの大きさというのは理解してもらえたのではなかろうか?


さて、ここらで〆るか。
日本人の貯蓄格差は、昔の人のように投資環境が整っていないというのなら別だが、今の時代に生きるのなら自業自得と言えるのではないか?。
そう思わざるを得ない。


●おまけ
格差は今のような安定した社会の元では、広がる一方である。
これは、一代で大きな資産を作るような偉大な人物という話ではなく、ごくごく普通の一般庶民においてすら、数千万円程度の資産は作ることが可能で、それは相続という仕組みの元で、引き継がれていくということ。
もし、20代でも30代でもいいが、親や祖父母から数千万円もの資産を引き継ぐことができ、それを運用という仕組みを使うなら、その起爆剤としての効果たるや複利を理解していれば簡単に分かるだろう。
アラサーで数千万円を相続。20年後のアラフィフになったら、億り人になってた!という結果になっていたとしても、驚くに値しない。

●おまけ2
複利を理解し、運用というツールをも理解でき、長期に渡る投資を厭わず実施する。
お金ごときの多寡に一喜一憂することなく、例え宝くじ10億円が当選しようとも、生活も考えも変わらない。
それくらい当たり前だよと言えるのは、世論調査の結果を見る限り、SSRくらいのレアさはあるのかもしれない。
大したことしてないよね?と思う方こそ、異常と言わないまでも、普通じゃないよという。
そういう話なのかも。結果が物語っているという。

●おまけ3
もし政情不安定な国に生まれ、投資どころかネットすらないような国で育ったら?
そして、そういう国々は別に珍しくもない。
戦争や革命で政情は常に不安定。下手すると長期にわたる内戦まである。
食べるだけですら苦労し、また疫病や自然災害も多発。

そんな環境で生まれ育って、資産形成なんてできるものか!?という話。
日本人は恵まれている場合が本当に多い。
生まれによるスタートダッシュの違いはあるかもしれないが、自分程度の小金持ちくらいなら、殆どの日本人は可能。

なお、自分語りっぽくて恐縮だが、自分の社会人スタートはマイナス数百万円から。
奨学金があったのでね。

●おまけ4
自分が本格的に投資を始めた2000年半ばの頃、ネット証券の選択肢はなく、また大手信託銀行で扱っていた投資信託の数は10個程度。
選ぶ?なにそれおいしいの?
まぁ、当時も今も手数料が高い毎月分配型投資信託のファンドばかり。
ノーロードでの購入が当たり前となっている今、売買手数料で数%とか信じられる?いや、そういうのしかなかったから。
更に、運用状況や資産状況はネットで確認取ることはできず、わざわざ平日に銀行に行ってそれら情報を見たいと申し出るも、できませんとか、最低限の情報だけ提示とか。
本当に、馬鹿なの死ぬの?と言いたくもなる。

自分が銀行嫌いになったことの大きな理由の1つに、ここで担当となったバカ女銀行員が。
知識もなければ、変にプライドがあったかのか顧客に対する対応が悪く。
まぁ、その後、9桁の資金全部引き上げてやったけどね。
今思い出しても、胸糞悪い。

だから投資の相談されるようなことがあったとしても、絶対に対面の銀行および証券会社にお金は預けるな!そこで運用するな!だけは言えると思う。
今は、SBI証券か楽天証券のどちらかでいい。
とはいえ、これらネット証券は何も教えてくれないので、自分で勉強する必要がある。
もし、投資の勉強が嫌いで自分で考えたくないというのなら、野村證券でやれば?と言うくらいかな。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/09/07(木) 23:41:21|
  2. お金の話
  3. | コメント:0

詐欺メールの話

本日、メイン銀行から以下のタイトルのメールが来ていました。

”【重要・緊急】入出金を規制させていただきました...などのメールは詐欺です”

詐欺メールは、どこでメールアドレスを取得したか知りませんが、それなりに届きます。
笑えるのは、そんな金融機関とは取引はないというものまで。
いや、むしろそっちのが多いかな。

自分が利用しているメールの場合、詐欺メールを選択し、”フィッシング詐欺を報告”で問題ある旨を伝えています。
そのためか、この頃は来るのが減りました。

ただ、それでもくぐり抜けて届く詐欺メールはあります。

内容すら見ずに、すぐに報告&削除。


詐欺メールは、運良く騙されるバカがいれば?くらいの話なんでしょう。
100万ものメールを送付し、0.01%で100人が騙され、数十万円から数百万円も詐欺することができたのなら、総額数千万円から数億円にもなるのですから。
リスクを承知しても、やるバカが絶えないのは、そういう理由がありそうです。


この手の問題は、罰則を厳しくして割に合わないと思わせるか、そもそもこんな稚拙な詐欺行為に引っかからないように一人ひとりが賢くなるしかないのだろうと思うところです。


まぁ、これは詐欺メールだけに言える話でもないんですけどね。
言葉巧みに詐欺のような金融商品を紹介してくるのは、普通に大きな金融機関でもしてきてましたし。
消費者が賢くなるのが、一番対策としては効果的なんでしょう。

●おまけ
詐欺メールが本当か?と思った時は、ちゃんと銀行に連絡して確認を取るくらいはしておいた方がいい。
特に大きな金額を動かすような場合は、必ずやっておいた方がいい。

●今日の1枚
TOHOシネマズ日比谷で撮った1枚。
ゴジラに興味はないけれど、なんか金かけているな~って感想。
PXL_20230823_033317695_R.png

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/08/30(水) 13:40:44|
  2. お金の話
  3. | コメント:0

されど32円 (おまけ追記あり。あれ?おまけが本体??)

・Money Forward Meより、収入の一部抜粋
普通預金利息20230822_R

いや、どうでもいい話ではあるんですが、Money Forward Meを見たら、なんとも珍しい収入が。

普通預金利息 32円。

そういえば、利息とか、そんな仕組みもあったっけか。


●三井住友銀行より、以下リンク
「円預金金利」

普通預金金利20230822_R

0.001%。
100万円預けていても10円の利息ですからね。


自分が小学生の頃、親戚から貰ったお年玉とかを作ってもらった自分の口座に入金していました。
数万円くらいあったかな。何年も使うことがなかったから。

で、通帳の記帳をしたときに、利息が4円とついていたのを見て、なんか嬉しくなったものです。


で、この32円。
数百万円も普通口座にあっても、コーヒー1本も買えないと。
全然嬉しくないですね!

ここまで金利が低いと笑っちゃいますよね。
それでいて、銀行は大きな利益。
なんともねぇ。

ま、お金を管理してもらっているだけ。
金利なにそれ?って感じでいい。
増やしたいのなら、ちゃんと投資をすればいいだけですから。

まぁ、32円とはいえ、貰えるだけいいのかもしれません。されど32円と言うほどじゃなかったかもしれませんが。

ははは。


●おまけ
最終的に中学生になるくらいで10数万円はあったはずの自分の口座の普通預金。
新築一戸建てに引っ越した時、その口座自体が消滅していました。
な~んも言われず没収!笑。
それなら何かに使っておけばよかったと思わないでもないけども、そもそも口座があったことすら忘れてた。
昔から月々のお小遣いですら余らせ気味だったし、お年玉で買うような高い欲しいものもなかったからいいんだけど。
なお、高校生時代はバイトをしていたので、毎月1~2万円の収入あったしね。
ピーク時50万円ちょっとあったけど、自分の夏期講習とか大学時代の生活費の補填とかで大学卒業時は0円となってました。

●おまけ2
妄想の話。
大学時代に自由気ままに浪費してもいい100万円があったら?と考えてみる。

・欲しいものがあったか?
 特にない
・広い部屋や美味しいものが?
 そういう要望はまったくなかった
・免許とか?
 免許は社会人になってから給与で取る予定だった。そもそも車や二輪に興味がなかった。当時から自転車オンリー
・旅行とか?
 今だって出不精で旅行とか殆ど行かないのに。行くわけがない

一番欲しかったのは、時間とかかなぁ。
特に4年時は研究室が学部で一番大変なところに行ってたのもあって、暇が本当になかった。
今思えば、あんな研究、もっと簡単かつ気軽にできるだろう?へんに捏ね繰り回しすぎたんじゃない?と言えるとけど。
当時はあ~だこ~だ言いながらやってたからなぁ。時間の使い方も上手くなかったわ。
ま、楽しかったけどね。

とはいえ、お金が必要だ!と思うシチュエーションが殆どなかったのは事実。
家賃以外の生活費全部込み30000円は、今思えばハードなのかもしれない。
だけど、お金に不自由した記憶が殆どないんだよね。
貧乏生活、不足しがちな資金での生活って、やりがいがあるというか、その難易度のゲームをしているようで面白かったし。

●おまけ3-1
お酒は20歳を超えてから!ってことで、自分で始めて購入したお酒は、ウイスキー。
今も売られているサントリーのリザーブです。
当時はストレートやロックを楽しむというより、カクテルもどきで楽しんでました。

・生レモン4分の1欠片、ガムシロップ少々、ウイスキー(リザーブ)を用意
・コップ(グラスなんて持ってなかった)に氷を沢山入れる
・ウイスキーをワンフィンガー、ガムシロップを入れ、そこに水を継ぎ足し
・生レモンを絞って、後はステア(かき混ぜる)

これ、夏場の暑い時期に飲むとサイコーでしたわ。


お酒は嫌いじゃないのですが、それでも今でもお酒を飲む習慣はありません。
たまに、イベントのときに飲むからいいんですよね!

●おまけ3-2
お酒というか、ウイスキーに凝りだした話。

1)おまけ3-1のサントリーリザーブが出発点。ウイスキーが美味しいという下地ができた(20歳ちょっと)
2)社会人となって仕事に邁進。たまたま仕事先近くに酒店があって、そこにサントリー響があった
 残業三昧で手持ちの資金は増えるも、欲しいものがなかったが、自分へのご褒美と1万円近くする上記サントリー響を購入。
 この美味しさに感動して以来、サントリーウイスキーの虜になる。
3)ここからちょっと脱線。
 残業三昧は中堅社員と呼ばれるような時まで続く(その後、ちょっと暇が数年。ただ30代半ばから再び残業三昧)。
 とはいえ、流石に徐々に仕事量は減り、その結果、何かにお金を使おうと動く。
 で、3-1の派生というか、ウイスキーというよりカクテルに凝りだす
 ピーク時、ベースにしてもリキュールにしても、50~60本はお酒があったと思う。
 なお、カクテルでシャカシャカして遊ぶも最初だけで飽き、後はステア(軽くかき混ぜるだけ)のカクテルを作ることが多く
 自分が一番好きだったのは、
  ・ジン(拘りがないので何でも。当時はボンベイサファイアを使ってました。青い瓶がきれいでね!)
  ・ベリー系のリキュール(赤くて甘ければ良く。何を使っていたかもうろ覚え)
 上記の2つだけ。
 ボンベイサファイアは50度弱、ベリー系リキュールが20度弱くらい。そう、アルコール度数が。
 後は、ロックグラスに氷をいくつか入れ、それぞれを1:1で入れ軽くかき混ぜるだけ。
 水などは入れない。
 赤黒いカクテルの出来上がり。
 何せ度数が高いから、最初はちびちび、徐々に氷が溶けて飲みやすくなるというのが好きだった。
4)低迷期?
 引っ越しをすることになり、お酒がカクテルセットが邪魔に。
 そもそも自宅で毎日のように飲むという習慣はなく。偶にやっていた程度だから。
 で、酒好きの後輩に打診したら、全部貰ってくれることに。で全部あげて、1つもなくなってしまった。
5)爆買い期
 40代になって、手持ちの資金がFIREできそうな大きな資金を得た。
 そしてたまたまネットでお酒、特にウイスキーを購入できることを知り、ハマった。
 毎月じゃなく、毎週のように数万円から数十万円分、ウイスキーを購入。
 結局、会社員時代から始めてmaneoがああなる直前くらいまでの数年間、車が1台購入できるくらいは使った。
 今も細々と購入は続けている。
6)今現在
 ウイスキーやジン、ラムやワインなどなど。
 本当に沢山の種類で沢山のお酒のボトルを持っている。
 買い控えし始めたのは、ウイスキーが人気を得て入手が難しくなったというのが1番の理由ではあるが、単純に物理的に格納する場所がなくなってきたというのが大きい。
 お酒自体は、飲むといより、収集癖によって買うだけが続いているだけ。
 昔より、一人で飲むのが好きでもなく。
 人を呼ぶにしても、コロナ騒動が大きかった。人呼べませんでしたからね。
 今も平均月1~2本くらい(?)で増えているが、飲むペースは年間数本だし。
 え?もう一生涯で飲みきれない程ありません?、ぇぇ、その通り!笑
 まぁ、限定品などをこれから購入することはあっても、爆買いの時期のような買い方はしないでしょうな。

●おまけ3-3
面白い飲み方をしていた頃が。
みんな知っているスピリタス。
そう、アルコール度数が96%の消毒液!
ショットグラスに氷を一欠片入れ、そこにスピリタスを少々。

いや、コストパフォーマンスは一番いいと思うのですよ。
美味しいと思うかは人それぞれですが。いや、これを美味しいと思う人はいないか!笑

最初から消毒液の匂いしかせず、舌で味わうとビリビリッ!とアルコールが来る感じ。
それが氷が徐々に溶けていってマイルドに。
ショットグラスで数mlの話ですが、それは長時間に渡って飲んでいける。
舌で舐める程度しか飲めませんから。その量で十分。

後にも先にもこれを人に勧めたことはありませんし、勧めたいとも思いません。
とはいえ、面白いことをしてたものだと思わざるを得ない、そんな感じ。

●おまけ3-4
リキュールは面白いのが多い。
・コーヒーリキュール、チョコレートリキュール、メロンリキュール、いちごリキュール
これらのうちコーヒーリキュールのカルアは有名だが、それをミルクで割るカルアミルクは有名だが口当たりがよく美味しい。
チョコもメロンもいちごも牛乳を混ぜれば、全部ジュース感覚。
まぁ、アルコールが全く受け付けられない人は無理だけどね。

・オレンジリキュール
今も昔もコアントローがいいね!
あれ、小さいミニボトルもあるから、お試しでも。
よく冷凍庫に入れておいて、キンキンに冷やして使ってた。
まぁ、お菓子などでも使う人がいるみたいだから、知っている人は多いかも。
広く売られているしね。

・ミントリキュール
購入して、5ml使った後にまったく使わなかった。
これ、歯磨き粉の匂いでね。今でも思い出せるくらい衝撃的だったよ
たぶん、クラッシュドアイスにミントリキュール&水でいけたのかも?と思わないでもないが、ちょっときつかった。

・薬草系リキュール
カクテルに入れると、全部薬草系の味が勝ってしまうので、微妙。
それ専用のカクテル作るときくらいにしか使用できなかった

・ガリアーノ
あの瓶はイカしてる!
検索してみて。面白いから。
まぁ、邪魔になるとも言うけどね 笑

・オリジナルカクテル
お茶、特に烏龍茶とかは無理。全部、何を入れようがお茶系が勝るから
ヤクルト、白濁色になって見栄えが悪すぎた。結構美味しくできるんですけどね
スポーツドリンク(ポカリやアクエリアスなど)は、普通に居酒屋にありそう。オリジナルカクテルと言うのはちょっと
炭酸ジュースは、上記と同じ。ジンやウォッカを入れて不味くなる訳がない。ただ誰でも思いつく

・カクテルのベース:ジンの種類
ジンは、今は10種類くらい保有していると思う。
ただ、今も昔もボンベイサファイアでいいと思う。
最近ので言うのなら季の美京都ドライジンやサントリーのクラフトジン六とかも。

・カクテルのベース:ウォッカの種類
あまりウォッカは買わない。
今保有しているのは、上記で説明したスピリタスとニッカのカフェウォッカくらいか。
なお、後者は保有しているが飲んだことがない。何本もあるんだけどね

・カクテルのベース:ラムやウイスキーの種類
これらはそれらのベースとなるカクテルがあるのは知っているのだが、それぞれロックで何も混ぜずに飲んだ方が美味しいと思っているので、使ったことはない。



ん~、おまけは別記事でよかったんじゃないかな?と思わざるを得ない!笑
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2023/08/22(火) 00:37:37|
  2. お金の話
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (75)
お金の話 (90)
オーディオ全般 (3)
投資の話 (401)
マンションの話 (106)
食べ物の話 (14)
社会の話 (28)
映画の話 (18)
ソーシャルレンディングのお話 (540)
生活一般の話 (130)
東京散歩 (8)
ソーシャルレンディング月次報告 (70)
お酒の話 (22)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (7)
FIRE(経済的自立による早期リタイア) (56)
エイプリルフール (4)
株主優待 (7)

アクセスカウンター

検索フォーム