FC2ブログ

けむけむの投資日記

投資は、運の要素が大きい

まず最初に、各指数の長期チャートを載せます。
※各チャート、開始と終了の時期が異なるのもあることを注意してください。

【ダウ平均株価 長期チャート】引用元 Google Financeより
NYダウ20210719_R

【S&P 500 長期チャート】引用元 Google Financeより
SP20210719_R.png

【REIT指数 長期チャート】引用元 Google Financeより
リート指数20210719_R

【日経平均株価 長期チャート】 引用元 野村證券 リンク「【日経平均株価】週刊チャート展望」
日経平均20210722_R


まず、NYダウのチャートを見ていただくと、1999年から2011年くらいの間、ほぼ上がっていません。
2008にはリーマンショックによって大きくさがってもいます。
何が言いたいかと言えば、運が悪い時期から投資を始めると、10年も運用しても大きく下がる可能性もあるということ。
自分自身も思っていますが、今だとNYダウやS&Pあたりのコストの安いETFに投資しておくくらいしかないのでは?と思っていますが、投資をするタイミングとして正しいの?と考えています。
REITにしても、日経平均株価ずっと右肩上がりからの暴落がありました。
NYダウ(S&P)もリーマン直前のピークからの暴落後、元に戻るまで5年半ちかくかかっています。

タイミング、とっても難しい。
運の要素が小さくない。大きいと言ってもおかしくない。


資産を作るには、長期投資とは言いますが、その長期とはどの期間で考えるべきでしょうか?
5年?10年?20年?30年?
どの年数でもいいのですが、それら年数をして、悪い時期で切り取ってみてください。
上のNYダウは、10年くらいで切り取ってみて上がりもしなければ、大きく下がる(リーマンショック時)場合もあったということです。
20年や30年でみたとき、NYダウやS&Pは概ね大丈夫ですが、日経平均は悲しい結末になっている場合も。
バブルピーク直前に全資産を投資した人は、未だ原状復帰すらできてません(その前に破産してそうですが)。

今の米国株が割高感があると言っているのは、チャートで見てもわかるように、ピークであるから。
これから何年も更に右肩上がりになるかも?と言われれば、そのとおりかもしれないと考えていますが、それが続くといった明確で、しっくりくる話に出会えていません。
本当に大丈夫?

今は、資金投入する市場は、米国株が一番いいとは思います。
ただ、いまの市場をよく知った上で、無理のない投資をしていきたいところですね。


●おまけ
現在、原油ETFを含め大きめな額を投入している金融商品を全部売却するべきか?考えているところです。
ソーシャルレンディングは、解約したくとも解約できませんので、投入する額を減らす、または再投資をしないといった感じに。
個別株は、100万円の評価額を超えるような株式は売却といった。
今度、原油ETFが上がった時点で、キャッシュ化!それを検討していきたいですね。

●おまけ2
自分の資産チャートも作りましたが、なんか本筋とは違うので、削除しちゃいました。
自分がいわゆる億り人(金融資産だけで1億円)となったの2013年10月でした。
思えば結構前だったんだな~っと。
なお、今は億り人ではありません。返り咲きも、SLの延滞があるので難しいでしょうね。
もうサラリーマンも辞めてしまいましたし。

●おまけ3
自分がFIREで色々調べていたかもしれませんが、FIRE記事がおすすめに沢山でてきています。
ただ、参考になるのは2割あるかないか。
酷いのになると、情報商材を売るためにFIREを使っているのも。
セミナーにせよ、本にせよ、眉唾ものです。
情報弱者から搾取することばかり考えているような話には、それ本当?と思って触れる方がよさそうです。

●おまけ4
自分が資産を作ったい1番影響が大きかった金融商品はグローバルリートの投資信託でした。
2010年の夏。
サブプライム問題は、もう落ち着き、リートもここが底だろう?と購入した感じです。
当時1100万円ほど余剰資金を投入。最終的にその投資信託は2倍になってました。
その後も別のグローバルリートに資金投入し、数千万円の利益を叩き出せていました。
これ、よく考えると、原油ETFと通じるものがありますね。
暴落後、底だろう?と思って資金を投入するところが。
リートの場合は、底から1年くらい見てからの投資でした。
ただ、原油ETFの場合は、下がった直後に掴み始め、結構血だらけに。
少し様子を見るべきだったと、結論から言うならそうなんですが、あのときは短期で戻ると思っていたので。
原油では少々失敗しましたが、後悔はしていません。そうそう、毎回うまく行くわけもありませんしね。

●おまけ5
投資信託は、何かとよかったと思う。
証券会社では、投資信託の結果を、トータルリターンというもので見ることができます。
勝ち負けが一発でわかるのでおすすめ。

●おまけ6
投資信託を売却して作った資金、これらは現物マンションに変わりました。
今住んでいるマンションと昔持っていたマンション(売却済)ですね。
9桁使ったのは、やりすぎたかも?と思わないでもないですが、いい経験だとも思っています。
いや、やりすぎ?笑
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2021/07/22(木) 21:03:15|
  2. お金の話
  3. | コメント:2

FIREと所得の多寡に思うこと

よく離職の翌年の税金や社会保障費がきつい!ということが言われます。
前年の多くの所得より計算された健保や住民税が大きくなるのは当たり前です。
とはいえ、得た収入よりも多くを支払うことはありません。
辞めた翌年に多くの支払いが必要と分かっているなら、予め支払うお金を準備しておけばいいだけの話です。

サラリーマンは、税や社会保障費を天引きで支払っています(特別徴収)
なので、額をちゃんと見ると結構な額になっているにも関わらず、負担感もなければ、その大きさに驚くこともありません。
そんなの支払ってましたね、そんな程度です。
特別徴収は、面倒なことを何1つ行わなくてもいい反面、税や社会保障費を意識しなくなることが多いようです。

サラリーマンを辞め、普通徴収になると、
こんなにも、支払うのか!
ということに。

同じなんです。
ただ、別に徴収されることで、本当に大きく感じることになります。


さて、FIREをする場合、軽く仕事をしつつリタイアする場合と、完全に仕事はしないリタイアとがあります。
前者の場合、資金が不足していたり、社会との接点を持ち続けたいといった感じでしょうか。
後者の場合、資金が十分にあって、後は自分の好きなこと、お金を稼ぐのも趣味の延長ならともかく、お金のために働かないといった感じでしょうか。

税や社会保障費を考える場合、少しでも働いて所得があるのなら、その所得に応じた支払いをする必要が出てきます。

多くの資産があっても、所得が低いと、税や社会保障費は本当に少ない。
ほぼ支払っていないと言ってもおかしくないくらい低くなります。

自分の場合はと言うと、
2018年分:2019年の普通徴収が高い!と嘆きつつ支払いをしました。
2019年分:SLにかなりの資金を投入し、雑所得が多かったため、思ったより税や社会保障費が下がりませんでした。
2020年分:maneoの延滞に巻き込まれて、SLの収入が減りました。おかげで殆ど税や社会保障費を支払うことがなくなりました。

そして、来年の2021年分はというと、maneoの損失確定によって所得はマイナスです。
税にしても、社会保障費にしても、最低額しか支払うことはありません。
申請すれば免除され、支払額が0円になる可能性すらあります。

グラフ化すると、固定資産税は所得に関係ないので横一線ですが、
地方税と健保が著しく下がっています。
所得が下がりましたから。

固定費20210717_R2


働いて得た収入以上に、税も社会保障費を支払うことはありません。
ただ、所得に応じた支払いをすることになるので、得た収入より目減りすることになります。
でも、それも十分ありで、こちらのが普通だと思います。

十分な資金より、もう働かないFIREというのもありますが、準備する資金の額が大きくなります。
特に若年で働かないFIREを行うと、必要な資金は億を超える場合すらあります。

そこは、自分の持っている資金と、今後どのような生活をしたいかで考えればいいのだろうと。
どちらにもメリット・デメリットはあります故。


所得の多寡で支払う税や社会保障費が結構変わってきたな、と。
役所から支払いの通知書が来たので、そんな感想の記事を書いてみました。


●おまけ
もう腐ってやがる、使えない!
サラリーマンを辞め、自由気ままに数年過ごすと、もう復帰できないのではなかろうか?と。

●おまけ2
何時に寝ようが何時に起きようが、いつご飯を食べ、いつ旅行に行っても問題なし。
どんなことにも制約がなく、他人に迷惑がかからない範囲で、何でもできるし、したくないことはしない。
それ、短い期間ならともかく、長年やってしまうと・・・
もう、腐ってやがる、使えない!
ということになるのかも?と思ったり、思わなかったり 笑

●おまけ3
マネーフォワードは偉大だなと考えています。
今まで、資金管理は概ねできていましたが、細かい点で漏れていたり、即座にどの程度の資金があるかがわからなかったり。
今、マネーフォワードで管理できていないのは、対応していないFundsの資産部分と、500円玉貯金分。
流石に500円玉貯金は管理できないとはいえ、Fundsは対応してほしいものです。

●おまけ4
そういえば、ビックカメラやヨドバシカメラのポイントもマネーフォワードで管理できていません。
それ以外のポイントは、ほぼ全部管理できています。
ビックもヨドバシも、ポイントを管理するほどでもなかろう?と言われそうですが、、、
両方足すと20万ポイント弱くらいあります。
長年貯めてきました故。
特にビックカメラはお酒も売っているので、サントリーの響30年を見かけたら、ポイントだけで買うんだ!と集めてきた結果でもあります。
まぁ、サントリーの高いウイスキーは抽選販売となって、もうそういう買い方はできなさそう。
なお、響30年は、メーカー希望小売価格125,000円です。高いっす。でも、入手できるなら欲しいですね。
定価なんかで売られていることなんて、今のご時世ありえませんけども。

●おまけ5
東京の緊急事態宣言は、まったく効果がありません。
意味がないと言い切ってもいいくらい。
なにせ、人の出入りがまったく変わっていません。
逆に増えていません?と思えるくらい。
にしても、梅雨が開け、日差しがきっつい。
そして、暑い。これから真夏になっていくのでしょう。

●おまけ6(追記)
いやぁ・・・
深夜に寝ぼけつつ書いたからかもしれませんが、てにをはの間違いやら、文脈つながっていないぞ!というのが多々ありました。
内容は変わりませんが、結構修正っと。漢字変換ミスと同じくらい恥ずかしい限り。あはは^^;;
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2021/07/18(日) 04:08:01|
  2. お金の話
  3. | コメント:6

貯蓄5000万円の45歳、持ち家有りの独身。FIRE?

●MONEY PLUSより、以下リンク
「年収650万・貯蓄5000万・持ち家あり独身なら45歳で早期退職して旅行を楽しめる?」

上記記事から、質問とステータスを引用します。
※質問全文は上記リンクから読んでください。もっと詳細な条件の記載があります。

45歳で早期退職したいのですが、可能でしょうか。年収は約650万円、貯蓄は約5,000万円、貯蓄の半分は投資信託です。退職金は1,100万円程度の見込みです。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、団体職員、独身
・同居家族について:両親は年金受給。貯金は約1億円ほどあり、それらで賄える見込み。介護や病気による世話の必要はある。
・住居の形態:親の持ち家(戸建・岡山県)
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:130万円

【毎月の支出の内訳】
・毎月の世帯の支出の目安:13万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:2,900万円
・現在の投資総額:2,100万円
・現在の負債総額:0円


最初に思ったのは、自己都合でそんなに退職金もらえるなんて、すごいな~っと。
関係ないところに感心してしまいました。ちょっと羨ましい 笑。


さて、本題。
上記の女性は39歳で6年後のFIREを目指しています。そこで、大丈夫か質問ということですね。

自分の資産運用では、リーマンショックで大きな含み損を抱えていましたが、40代でアベノミクスで反発。
多くの資産を得て、40代半ばでFIREを実行しました。
この記事の女性と同じ条件だったら?、FIREするかな?と考えてみました。

微妙なところですね。
一番微妙だなと思ったのは、
・ご両親が存命でいらっしゃること。これが未知数で、どう転ぶか分からない
今どきの日本人、100歳まで生きたところで驚くに値しません。
介護を甘く見ているとは言いませんが、理解されているのでしょうか?。かなり大変です。
手に負えなくなったら、両親ともに介護老人ホームに入る可能性なども考慮するなら、親御さんの資金は親御さんで使うべきとなります。
そうなると、FIRE後の資金は全部自前部分だけとなる可能性すらあります。
※資金不足になるなら、持ち家だってどうなるかわかりません。家を相続する前提なら、両親の介護のため持ち出しが発生する可能性すらあります。

親の資産を当てにするのは、リスクが高いと考えています。
ご兄弟もいらっしゃるとのこと。半分半分ということで、たぶん問題はなさそうですが、スムーズに相続できるかどうかもリスクの1つになりえます。


自分の資金部分だけで、FIREをというのなら、やっぱり資金不足を感じます。
過去をどうこういっても仕方ないですが、貯蓄総額が大きすぎます。
毎月の支出が13万円なら、安全資金として2年分312万円くらい貯蓄でよく、それ以外を全部投資にまわしておけば、、、
と、投資中毒者の1意見です。FIREを目指すには安全に行き過ぎてません?と思います。

自分がこの女性なら、更に5年働いて資金を多くつくるとともに、資産運用の割合を増やすと思います。
アラフィフで1億円の自己資金があるなら、そこに両親のリスクを踏まえても、全てお金で解決できることが多そうだという観点から。


普通の会社員の場合、投資は資産を増やす為には必須な話ではあります。
ですが、万能ではありません。
常にコンスタントに上がることもなければ、暴落することもありえます。
FIREをずっと考え続けて仕事をしても、身が入らないと思います。
果敢に攻めて資産を増やし、目的のFIREを目指した方がいいと思います。
安全に行き過ぎた感じがします。


早くFIREを実施するも上手く行かずに資金が枯渇した場合、リカバリーするには年齢が問題になります。
再就職をして、以前と同じ収入は難しいでしょう。
そう考えるなら、何か突発的な問題が起きても、大丈夫と言い切れる程度の資産は欲しいところです。


なお、自分の場合、FIREの条件として、この女性よりよっぽどハードルが高いところに持ってきていました。
ローン無しの住宅および1億円(投資分も含む)。
少し、現金は不足でしたが9000万円はあったので、概ね達成していまいた。
※今は、maneo関連で被弾しているので、事実上7000万円くらいだと思います。もっと低くなる可能性もあります。


旅行が好きとのこと。
旅行は、1回行けば数万円からかかります。
豪華な旅行にすれば、10万円どころか100万円だってかかるかもしれません。
お金があり、暇もある。
そのような人が、節度なく使いますと、お金はみるみるうちに減っていくこともあります。
注意深くお金は使っていきたいものです。


運用を過信することなく、少し攻めつつ、もう少し自前の資金を強化した後にFIREをが良さそうでは?
と、もし自分がこの女性にアドバイスをするなら、そう言いそうです。


●今日の1枚
昔、モスバーガーの株主でした。
ですが、あまり行かず。優待券も期限切れ間際に使うといった使い方をしていました。
で、たまたま29日に行ったら、肉の日ということで特別なハンバーガーがありまして。
それが、これ。
久しぶりに食べてきました。
本当に肉肉しい肉だらけのハンバーガーです。
ただ、本当に肉肉しすぎて、これは・・・
モスバーガーの場合、菜摘というハンバーガーがあります。
バンズの代わりに、レタスで包んだハンバーガーです。
これ、かなり食べづらい反面、結構野菜も食べている感があって好きだったりもします。
ま、結局モスバーガーに行きませんから、食べることもほぼないのですけどね。
また株主になって、食べに行くのもいいのかもしれません。
PXL_20210629_033720498_R.jpg


●おまけ
都議選の選挙行ってきました。
期日前投票は、理由にチェックを入れて行うだけの簡単なものです。
候補者のうち、事前に投票するべき方の名前を記入して、投票箱に入れてっと。
時間にして5分くらいでしょうか。

この人は素晴らしいから投票する!という場合もあるでしょうし、
この人とこの人は嫌だから、だから消去法でこの人かなぁ・・・って言う場合もあるでしょう。
別に誰に投票することになってもいいのですが、特別な理由がないのなら、投票はしておくべきだと思います。

たかが1票ではありますが、されど1票です。
小さいけれども投票することに意味があります。

投票をしないことは白紙委任状を提出し、何をやってもいいよ?ということだと考えています。
それ、嫌じゃありませんか?

●おまけ2
コロナのワクチンを夏から秋くらいに接種することになるのかな?と予想しています。
今のコロナの新規感染者が限りなく少なくなるようなことになったなら、旅行はともかくサイクリングは再開しようかと考えています。

で、ちょっといろいろと考えていまして、、、
大島をサイクリングで1周ってどうじゃろ?という。
1周約46.6kmくらいらしい。
結構、山あり谷ありで大変という話も。
でも、46.6kmなら、4~5時間で行けなくない?と。
※1周しないサイクリングコースもあるとのこと

どんな自転車を使うかは検討中です。
自分のブロンプトンを使うべきか?現地で電動自転車を借りた方がいいのか?
前者なら自力で、後者なら電気の力で。
電動自転車借りてみるのも面白そうです。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2021/07/01(木) 03:11:07|
  2. お金の話
  3. | コメント:0

iDeCoとFIREは、相性が微妙

かなり独断と偏見が入っていることを前提にお話をしますが、、、
FIRE(早期リタイア)をする場合、年金を免除申請することが多いのでは?と 。ソースありません、自分の感想です。

そして年金を免除するとiDeCoに掛け金を入れられなくなります。
掛け金が0円でも、事務委託先金融機関へ毎月66円の支払いがあります。
※掛け金がある場合は66円に加え、国民年金基金連合会へ105円月々支払いがあります。
※iDeCoで購入できる金融商品を直接買ったなら、上記コストはかかりません。自分のような定期預金だと、金額の多寡に関係なく一率コストがかかるというのは、かなり違和感があります。赤字ですので。

微々たるものですが、常にかかるコストということになります。

iDeCo利用した理由は、節税のためです。
掛け金が全額所得控除になるので、残業三昧で相応の収入があったこともあって、その節税効果が大きいと感じたためです。
まさか、その後数年でFIREを行い、節税効果が関係なくなるとは。少し甘かった感じです。

上記節税効果を考えた場合、相場が読み切れていなかったこともあって、定期預金にしました。
定期預金で、0.05%くらいだったでしょうか?。金利なんてほぼ付かないと言っても差し支えないくらい。
なので、上記66円によって、マイナス運用でした。

FIREし、年金を特別免除(退職して2年間は免除できます)すると、iDeCoで掛け金を続けることができなくなります。
ただ、これ自動的にやってくれません。そのまま続けられた後、免除申請によることで中止となります。
その際、数千円くらい事務手数料が取られたので、ちゃんと分かっているなら、事前にiDeCoは止めておきましょう。
なんとお役所仕事なんや!と思いもしましたし、手数料高いな~とも。

さて、自分のような定期預金&掛け金を止めた状態だと、66円引かれつつ、資金の運用となります。
微妙です。少し微妙と。

明細が年1回届いたと思うのですが、その赤字ぶりを見て、考えたのちょっと前。
NYダウも順調だったこともあって、全米株式のインデックスファンドへ乗り換え。
現在は、以下となっています(下の定期預金は、乗り換え時の端数分)。
iDeCo20210628_R.jpg

数年しかiDeCoの掛け金を続けていなかったので、額が非常に小さい。
お小遣い程度といったところでしょうか。
運用は、そこそこ。
NYダウは強い強いといったところでしょうか。


さて、ここまできて、そこまで微妙?と思われるかもしれません。
一番微妙の理由を述べるとします。

iDeCoには特別法人税があるからです。

それなに?と思われる方もいるので、みずほ銀行から引用します(引用元リンク:「iDeCoの特別法人税とは何ですか」

特別法人税とは、企業年金の積立金に対して法人税法上課税される税金です。
厚生年金基金、確定給付企業年金、確定拠出年金などが課税対象となります。
iDeCoは個人の年金制度ですが、これらと同様に特別法人税の課税対象となっています。


特別法人税は、iDeCoの運用残高に対して発生する税金で、税率は年率1.173%です。
※例えば、iDeCoの運用額が100万円なら、その資産残高に対して毎年1.173%の税金(金額でいうと11,730円)が発生。

この特別法人税は1999年からずっと凍結されており、それを取られたことはありません。
ですが、ずっと凍結であり、廃止ではありません。

もし、この凍結が解除されたら、毎年1.173%ものコストがかかることで、運用益がでなくなる可能性すらあります。
そして、FIREでもう掛け金もないので、止めよう!と思っても、iDeCoは60歳になるまで解約もできません。

そう、このモヤモヤした感じが微妙ということなんです。


FIREするなら、iDeCoではなく、NISAがいいと思います。
こちらなら、資金の引き出しも特に制限なくできますし、特別法人税といった税もありませんので。


凍結されているため、知らなかったという人もいます。
自分もやり始めた後、調べていて気がつきました(調査が不十分でした)。

どうせ凍結が解除されることがないので?と思われる方もいるかもしれません。
そうですね。私もそう思います。
ですが、上で述べたように廃止ではなく凍結なんです。だからモヤモヤという感じなんですよね。

老後のための2000万円問題とか言って国民を脅かすのなら、資産運用に弊害ばかりの特別法人税なんて、早々に廃止として欲しいところですね。
少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2021/06/28(月) 15:33:12|
  2. お金の話
  3. | コメント:0

新500円玉と、300円で食べたひつまぶし

●NHKより、以下リンク
「11月発行の新500円硬貨 製造開始 複雑な構造で偽造しにくく」

へぇ、これは普通に知りませんでした。
別に未使用を欲しいという訳でもありませんので、普通に買い物をしたときに新500円玉を受け取るようなことがあるなら
詳しく見てみたいかも?といったくらい。

500円玉貯金を継続していますが、この頃はカードの利用頻度が増えているので、
貯まるペースが限りなく遅くなってしまいました。
お釣りを硬貨で貰うことも減ってきているので、実際に流通しても見かける機会は少ないかもしれません。


●今日の1枚
今日は用事があって外出していたのですが、その帰りにちょっと途中下車をして鰻を食べてきました。
これ、秋葉原のヨドバシカメラのレストラン街にあるうな匠の一品。
本来ひつまぶしは、タレベースなのですが、ちょっとさっぱりしたっぽいのが食べてみたかったので、
白焼きベースで。お願いしたら、問題なくできるということでしたので。
ただ、結果的に言うと、タレベースのが良かったかも?と。
途中でタレを少しかけながら食べました。
さて、このひつまぶし(メニューとしては2段ひつまぶしだったっけかな)、株主優待券をフルで使ったので、
たったの300円(本来は、4300円です)。
このメニューの上位互換として3段ひつまぶしもあったのですが、そちらだと優待券に対して結構足りなかった
ので諦めました。
言いたいことは1つ。
白焼きベースはちょっと失敗したけれども、とってもおいしゅ~ございました!
株価は低迷していますが、頑張って欲しいと思っています。
半年に1回(または年1回)の豪華な鰻を食べた、そんな1枚でした。
PXL_20210621_024400707_R.jpg



少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2021/06/22(火) 02:59:39|
  2. お金の話
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (49)
お金の話 (54)
オーディオ全般 (2)
投資の話 (177)
マンションの話 (72)
食べ物の話 (9)
社会の話 (28)
映画の話 (9)
社畜の話 (1)
ソーシャルレンディングのお話 (514)
生活一般の話 (50)
分配確定 (0)
東京散歩 (8)
ソーシャルレンディング月次報告 (41)
資産公開 (0)
お酒の話 (17)
青色申告へ (1)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (0)
家計簿 (1)
FIRE(経済的自立による早期リタイア) (4)

アクセスカウンター

アフィリエイトリンク

私が利用している事業者のアフィリエイトリンクです


【クラウドバンク】約500万円投資中
クラウドバンク
【CREAL】約500万円投資中
CREAL
【楽天証券】メインで利用している証券会社。約2000万円投資中
楽天証券
【野村不動産アーバンネット株式会社】不動産売却時に参考にさせていただきました。

【A8.net】アフィリエイト

ランキング

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する