FC2ブログ

けむけむの投資日記

狙った株がすべて上昇、見ているだけ。含み損多い株をどうしようか?

原油ETFは、今日一日で10%以上上がりました(1699は、16.46%上昇。2038は20.63%上昇)。
まぁ、10%以上下がっていた日もあったので、ボラティリティが高い原油ETFなら珍しくもない。
未だ、含み損を抱えている原油ETFですが、それも60万円程度でしかなく。
今日だけで、原油ETFは83万円近く上がっていますので、原油価格が30数ドルになればプラスになるでしょう。
自分としては、40ドルを目指したく。+500万円とか+1000万円をして、優待株の含み損と相殺したいところですね。
※原油ETFを売却した資金をして、優待株を買い増したり、高配当株を購入したりを検討することになりそう。
※原油ETFと優待株の相関は小さめかな。原油ETFを高く売却し、下がりまくっている優待株への買い増し。よしっ!

ただね。
OPECプラスが9日に延期され、そこでどのような結果になるか次第です。
アメリカとロシア、サウジがそれぞれの思惑はあるわけですが、それだって原油価格が20ドル台というのは許容できるものでもなく。
ロシアは42ドルが良いと言ってますね。
サウジは、採油こそ安価にできますが、その売却益をして国の経済を考えたとき80ドルは欲しいらしい。
アメリカのシェールオイル関連だと50ドル半ばとも言われています。

ロシアの42ドルが最低であり、そこに各国の思惑がどのように動くにせよ、40ドル程度には戻す可能性は十分にあるかと。
ただ、問題があるとするなら、武漢肺炎の世界各国への蔓延が酷すぎ。
経済が低迷するなら、単純に原油の需要が減るわけです。
そこまで簡単にいくの?と問われれば、紆余曲折はあるだろうと予想しています。

ただ、トランプ大統領が調整すると発信した1つだけで、20ドルちょっとをうろうろしていた原油価格が30ドル弱まで急騰しました。
間違いなく、低すぎると考える勢力はいて、揺り戻しはあるだろうにとも。

自分としては、迷走はするけれども40ドル前後には、早々に戻すことも十分に有り得る。
とりあえず、OPECプラス次第だけれども、30ドル以上にはなるんじゃないかな?と楽観視しているところですね。
※そう思いたい願望なのかもしれませんけれども^^;


さて、原油は果敢に攻めて、今の結果です。
含み損を多く抱えようが、上で書いたとおりそのうち上がるでしょう?で考えています故、心配もしていません。
ですが、優待株はちょっと問題。
果敢に攻めすぎたペッパーフードサービスの-70%は置いておくとしても、、、
他の株も大きく下がっているものも多く。
-10%くらいならかわいいもので、-20%や-30%、-50%と、おいおいと思う株価になっている株も少なくなく。

そういう株に関しては、どうしたものか?と考えています。

自分の優待株の大半は、飲食系です。
そう、東京で緊急事態宣言が出る可能性が高いという今の状況を見てみるに。
実際に宣言があったなら、更に株価が下がると考えています。
すべてが半減する可能性だって、否定できないというか、十分にありえるだろうと。
その時ですが、もし原油ETFがそれなりに売却できたら、全部買い増ししてしまおうかと考えています。

おいおい、落ちてくるナイフがをまだまだ掴もうとするのか?と。
血だらけの手を見て、まだ失血死するほどではない!と強気な発言をしてみる。

1000円で購入した株が500円になっているのなら、、
同じ株数を500円で更に買い足す。
平均750円。
それが600~750円くらいの時点で売却し、原油ETFの利益と相殺する。
そのようにして株価の平均購入価格を下げる!
という考えがなくもないです。
上手くいった試しがないので実際にやるかどうかはわかりません。
原油ETFの売却益と相殺をして、節税を心がけるという方法を少し考えつつ、、、
そんな感じでしょうか。


なお、OPECプラスがどうなるかわかりませんが、完全に決裂した場合、20ドルはおろか、10ドル台の半ばまで下がることだって十分にありえるでしょう。
その場合、余剰資金の大半は優待株に使うことなく原油ETFに投入することになりそうです。

現在、約680万円ほど原油ETFに投入しています。
もし20ドル前後になったなら、ゆっくりと資金を投入していく予定です、今までと同じように。
そして、10ドル台に入ったなら、余剰資金をガシガシとつぎ込む予定。
10ドル前後になったら???
あはは・・・もうだめぽ!って涙目になるかもしれません。
ただ、幸いにも今だ2000万円くらいはソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングに資金が残っています。
それら資金を生活防衛費に変換しつつ、余剰資金を作り出し、さらなる原油との戦いに乗り出すつもり。

どうせ倒れるなら、前のめりがいいよね?と 爆


【今日の1枚】
チーズは、お酒のアテとして食べるのには適していると考えています。
日持ちが結構するのと、少量に入っているのが便利。
ナッツ系でも、小袋に入っているのはあります。ただ、ナッツ系は食べ飽きました。
このなとりの燻製チーズ、単純に美味しい!
チーズ好きで、いつもは雪印の6Pチーズを1~2個でいいのですが、たまには燻製チーズが食べたくなるときも。
そういうときは、このなとりの燻製チーズを購入することが多いですね。
どちらのチーズも癖がなくていい。
昔、青カビチーズを購入したことがあるんです。結構いい値段がしたんですが、、、口に合わなかった。
食べきれなかった。納豆は大丈夫でも青カビチーズはダメです。日本人は慣れていないから自分のようにダメな人は多そう。
IMG_20200406_151340_R.jpg

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2020/04/06(月) 15:25:30|
  2. 投資の話
  3. | コメント:7

自分の投資スタイルを振り返ってみて、何が適当か考えてみたが

投資歴は長くとも、サラリーマン時代を含めて、株売買のためにPC前でニラメッコ。
そんなことは、ここ最近の暴落時しかしたことがありません。
リーマン・ショック時にしても、大きく資金を投入したときも、考えるは長くても1~2日。
さくっと投資先を決めては、長く保有していることが多く。
10年以上放っておいた株もあります。

そんな自分が原油ETFを始めた頃、ボラティリティが高く、乱高下する相場でデイトレードをしたことがあります。
ちょっといけそうかな?と考えて資金投入。ちょっとダメそうかな?と考えて売却。1日に1~2回の取引。
2038と2039を使って、、、
えぇ、大きく負けました。
それ以来、デイトレードなんてしていません。
勝つのは難しく、負けるのが容易ですから。
※上がった時に持ち続けるのは結構大変。逆に下がった時に狼狽売りするのは本当に簡単ですから。
原油ETF失敗例20200405_R2
※赤枠のところ、2038ではなく1699で取引していたら、利益は820万円くらいあったようです。2038は本当にギャンブル!。
※高々3ヶ月の間でも乱高下。含み損を1000万円抱えたときもありました。最終的に500万円近くの利益となったのは運がよかっただけ。こんなに資金を原油ETFなんかに投入してはいけないという本当に悪い例です。

投資のスタイルなんて、デイトレードと中長期トレードくらいしか知りませんでしたが、他にもスイングトレードだったり、スキャルピングといった方法もあるようです。
スキャルピングは、FXの手法なんでしょうかね。非常に短期間で売買をする方法で薄い利益の積み上げを重ねていく手法らしいですね。
数秒や数分といった超短期もあるらしい。そんなの普通に無理!と思いました。

スイングトレードは、数日から長くとも1ヶ月程度の期間での売買らしいですね。
良いニュースや悪いニュースを元にある相場の上下を取っていく、そんなスタイル。
自分の今の原油ETFは、ここに近い、、、いやどちらかというと中期に近いところもありますが、これか?

デイトレードは、1日単位での売買です。

中長期は、割安株などを探して長期保有して利益を得るスタイルですね。


自分の今の状況は、そこまで難しくなく2つの方法を取っています。
1つは、原油ETF。これは、あまりに下がった原油価格より、どこかで上がるだろうと予想しての投資。
期間的に考えるなら、スイングトレードというより、中長期。長くても2~3年を考えているので中期くらいかな。

もう1つは、優待株。これは、中長期も長期の方。もう、それこそ10年オーダーで保有し続けてもいいかもと思っています。
ただ、今保有している優待株のいくつかは、購入時より数割も下がっているものも多くあります。
ここは、原油ETFが利益が十分として売却した時に同時に売却して損益通算したいところかも。
まぁ、原油ETFと同時に株価も上がっていったら成り立たないのですけどね。


デイトレードにしても、スキャルピングなんて、相応の知識がないと無理。
そこまで短期になるなら、投資プログラムの1つでも作って、自動売買にでもした方が楽そうと思うくらいには、自分でやろうとは思いませんね。

昨日も今日もお休みで、投資をすることなく、適当に自宅待機しています。
さくらも咲いていたので、写真の1枚も撮りたかったですが、まぁ、葉桜になってからでもいいか。

普通は、中長期の投資なんでしょうね。
スイングトレードも面白いですが、これは投資家として力を入れないと難しそうだ。


これから上がるだろうと思われる株を探したり、割安感のある相場に資金を大きく投入したり、今までとそんなに違わない中長期の投資が続くだけかな。
投資手法としていろいろあるのは理解しましたが、自分に当てはめても上手く行かないだろうなと思った次第です。


【今日の1枚】
先日、花粉症の薬をもらった帰り、最寄りの駅まで歩いていたところ、お菓子メーカーの工場を見つけました。
その敷地内には工場直販の品が売っていて、それが非常に安価。
端がかけていたり、形がおかしかったりと、そういう不良品を格安で売っているのかな。
普段、お菓子なんて興味がなかったのですが、ちょっと寄ってみました。
チョコ売ってる!
200gで300円(税別)。安いかも?と数袋購入。
ウィスキーやラム酒などを少し飲む際、これ1枚(数gかな)だけアテにするのは面白いかもと。
今までナッツ系やチーズ系をおつまみにしていたことが多かったのですが、飽きたんですよね、少々。
来年の4月まで賞味期限があるので、ちまちまと。
昔からあったのは知っていたのですが、直販店ができていたのは知らなかった。
お土産に面白いかも。
IMG_20200405_121848_R.jpg

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2020/04/05(日) 17:33:36|
  2. 投資の話
  3. | コメント:0

”Crowd Leaseに対する破産手続き開始決定”に思うところ

●maneoより、以下リンク
「営業者Crowd Leaseに対する破産手続き開始決定のお知らせ(重要)」

ソーシャルレンディングを始めた時にmaneoとmaneoファミリーに対する自分の方針は以下の2つ
・maneoは業界TOPなのだから問題ないはず。信用して多くの資金を投入しよう
・maneoファミリーは、玉石混交かな。利回りや投資先より100~500万円くらいで考えよう

maneoを信用して5000万円近くを投入したのは、今となっては笑い話にしかなりませんが、当時はそう考えていました。
業界TOPというものは、それだけで信用に値するという考えは間違いとも思えませんが、それは上場会社などの場合かな。
ソーシャルレンディングにしても、不動産クラウドファンディングにしても、業界として新しすぎてTOPだからといって安心に値しないというのは、今回ので嫌というほど経験したという感じ。
※私のmaneoのランキンは、今じゃ10位です 爆。1桁目の前!と思ってたのですが、ここ最近順位にまったく変動なし。たぶんですが、1桁台の方々は、その資金の大半を私と同じように拘束されているんでしょう。どれくらいか知りたくもあり、知りたくもない感じ 笑


maneoファミリーの場合、それが海外投資だったり、利回りが高い(10%やそれ以上)の場合、上限を100万円として投資をしました。ファンドの内容を見て、大丈夫そうかな?と思えば300万円や500万円、1000万円といった額まで投入した記憶があります。
※LCレンディングやプレリートファンドなんかは大きめな額を入れてましたね。ピークで1000万円投資していたLCレンディングは、今月をもって全ファンド償還です。これは別記事にでも。

リスクとリターンの多くは、関係があります。
ローリスク・ローリターン、ミドルリスク・ミドルリターン、ハイリスク・ハイリターン。
ローリスク・ミドルリターンやハイリスク・ローリターンなどもあるとは思いますが、多くは上のどれかに該当するかと。
あまりに利回りが高い金融商品の場合、ハイリスク・ハイリターンである可能性が高かったという認識。


私の中でハイリスク・ハイリターンとみなしていたmaneoファミリーは、以下。
・ガイアファンディング
→ 上限100万円を投資をし、60万円が拘束
・クラウドリース
→ 上限100万円を投資し、数万円が拘束(運用益より小さいので実質被害なし)
・スマートレンド
→ 上限100万円を投資し、全て償還。拘束なし
・アメリカンファンディング
→ 上限100万円を投資し、全て償還。拘束なし
・グリーンインフラレンディング
→ 上限100万円を投資し、全て拘束。ここが2番目に酷い(一番酷いのはmaneo)
・アップルバンク
→ 上限100万円を投資し、全て償還。拘束なし

上記以外は、ミドルリスク・ミドルリターン程度に考えていたと思います。
・LCレンディング
→ 最大1000万円投資し、全て今月で償還。拘束なし
・プレリートファンド
→ 最大500万円投資し、全て償還。拘束なし
・さくらソーシャルレンディング(さむらい)
→ 最大300万円投資し、全て償還。拘束なし
・キャッシュフローファイナンス
→ 最大300万円を投資し、約10万円が拘束。残りはすべて償還(運用益より小さいので実質被害なし)

結構いい感じだったのではないかと考えています。
特に大きな額を投入したファンドでは問題なかった場合も多く、実質の被害はありません。
問題となっているのは、ガイアファンディングとグリーンインフラレンディングの2社くらいですから。

元々、100万円を上限とした事業者の場合、ハイリスク・ハイリターンで最悪潰れる可能性もあるだろうとは考えていました。
おいおい、本当に全額や大半を拘束されたよと、グリーンインフラレンディングとガイアファンディングについては、どうなのよ、と
言いたい気持ちもなくもないですが、ま、そんなもんでしょう。

なので、クラウドリースが破産手続きになろうが、そんなものかくらいの認識しかありません。
むしろ、どのような経営をしてきて、破産になるようなことになったのか。
それが一番知りたい。
それは、グリーンインフラレンディングやガイアファンディングにしても。

ソーシャルレンディングにしても、不動産クラウドファンディングにしても新しい金融商品です。
クソ愚かな金融庁は、新しい法整備をしてそれらに当てはめるという本来あるべきことを怠け、法整備をせずにやってきました。
その結果の大半が、maneoやmaneoファミリーの延滞祭りの大きな一因になったのではなかろうかと考えています。

みんクレやラキバンといったもっと問題のあった事業者もあります。
maneoにしても、maneoファミリーにしても、同じようなものです。
杜撰な融資をして、破産(前者の2社は、ほとんど詐欺に近いとは思っていますけど)。

今、新しい事業者がソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングに参入してきています。
私は、それら会社に投資をすることは、まずないでしょう。
あまりに、税制上にメリットを感じず、また脆弱な経営基盤のもとで破綻もあり得ると考えているから。

こんな激しいボラティリティの市場では生きていけない!と考え、このソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングに入るというのなら、リスクとリターンをよく理解した上で投資をした方がいいと思います。
できれば、古くから事業を展開しているSIBSLやOwnersBook、クラウドバンクなどに少額から投入してみるといいかも。

ただなぁ・・・
個人的に投資で資産形成をと考えているのなら、普通につみたてNISAあたりで信託報酬が限りになく低いETFあたりに投入するのが正解だし、一番の近道だと思います(私は絶対にやりませんけど)。
上場会社と違い、監視の目が届かない事業者にどこまで資金を投入できるだろうか?いやできない!といったところでしょうか。


召喚されるファンドによっては、将来1桁もあり得るかも。
maneoランキング20200405_R

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2020/04/05(日) 12:54:49|
  2. ソーシャルレンディングのお話
  3. | コメント:0

投資の話と首都圏の状況

来週に向けてどのように株価が動くかは、あまり予想もしていません。
どちらかというとWTI原油先物が上昇したので、投機で資金を投入していた原油ETFがどこまで上がるかというのが少々。
ある程度を売却して、下がったら再び購入という手段もなくはないが、今の所そこまでは考えておらず。
まだ、資金があるというのが1つ、そういうことをして上手くいった試しがないというのが1つ。
売って下がるのを待ったら、上がっていって再度資金が投入できなかったよという結果になったことがあるので。
原油ETFに関しては、WTI原油先物が22ドルを下回った時に再度資金を投入する、そんな感じでいいのかなと考えています。
※本命は15ドル下です。22ドル程度なら、少しずつ資金を追加で投入するといった感じになるかな

コロワイド系列などは、先日に記事にしたとおり。
年初来安値~年初来安値より2割減くらいのところで、タイミングを見て資金を投入するといった感じ。
そこまで下がる可能性も高くもないと考えているので、買えればラッキーくらいの感じでいます。
さて、来週の相場はどうなるだろうか、月曜日待ちです。

そうそう、どこまで原油ETFを保有するかということがあるかと思います。
今のところ40~50ドル近辺で売却を考えています。
1699はともかく、2038なら2~3倍にはなっているでしょう。
それで、優待株の含み損が相殺できればいいかもと。


今日も含めて不要な外出は控えるように言われている東京ではありますが、花粉症の薬が切れたので病院へ。
約2ヶ月前に薬をもらったとき、病院はかなり混んでいましたが今日はガラガラ。
電車で病院に行ったのですが、電車もガラガラ。
そして電車に乗っている人は、見回してみる限り8割程度はマスクしていたように見えました。
ど、どこでマスクを入手しているんだ?とちょっと聞いてみたいくらいには、マスクだらけでしたね。

東京だと、自分さえ良ければいいという、老人や若者もいなくもないですが、思ったより自粛している人が多くて一安心。
今日の東京は3桁の118人が新しい感染者。うち81人感染経路不明。
もっと強めに不要な外出を禁止するように、東京なら条例を緊急に作ってもいいのではなかろうか?と。
そう、パンデミック抑制条例といったような条例を。

自分は若いから感染しないし、感染しても大したことないという考えは危険。
自分の症状が軽くとも、年寄やら疾患をもっている人に移す可能性を考えないと。
いざ自分自身や身内が感染し、そして重体になっても、仕方なかったし自分が死ぬわけじゃないから大丈夫と言える?


自分の身は自分で守らないと。
そう思う次第です。


【今日の1枚】
遠くにスカイツリーが見えたので、スマホを最大倍率(7倍)まで上げて写真を1枚!
あれ?空しか写ってない。
あれれのれ?
失敗したようでござる 笑
IMG_20200404_142200_R.jpg

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2020/04/04(土) 20:16:54|
  2. 投資の話
  3. | コメント:4

損と含み損、似たような語彙だけど、違うんです 笑

資産形成をする場合、投資は敵ではなく、味方だと思います。
投資は、時間がすべてを解決してくれることが多い。
資本主義経済を信奉して、市場経済は長期で見た場合に概ね右肩上がりだ!と信じられるなら、その時その時の暴落で悲観するのは間違いだとも考えています。

投資に投入する資金は、余剰資金であるべきです。
特にすぐ使う予定があったり、絶対に毀損してはいけない資金を投入するべきではありません。
もし本当に必要な資金を投入したら、今回の暴落の時に心配で心配で夜も眠れなくなるかもしれません。
最悪大きく毀損しても問題ない、余剰資金で行うべきという考えは、重要だと考えています。

今日、名無しさんから”損ばかりしてるな。”とのコメントを頂きました。
えぇ、そのとおり!、また今回も含み損を抱えたよ!と。
含み損20200403_R

さて、損と含み損について少し言及したいと思います。
株式にしても投資信託にしても、その投資対象が倒産だったり、償還されることがなければ、それを売却して損を確定するまでは含み損ということになります。
100万円で株を買ったよ、今の価値は80万円だから、含み損は20万円だね!といったことに。
この含み損20万円は、将来あがって利益になるかもしれないし、もっと下がって含み損が拡大するかもしれません。
その企業の将来性や、世界の経済状況をみて、必要に応じて損を確定したり、含み損のまま保有し続けるといったことになるでしょう。
そこは、個人投資家の腕の見せどころです。


リーマン・ショック時も多くの含み損を抱え、その後のアベノミクスで復活を体験した自分の場合、含み損はそこまで心配していません。
含み損を損切りできない問題はあるとしても、最悪無くなっても問題ない余剰資金でやっている限り、なんとでもなるとも思っています。


”損ばかりしているな”とコメントいただきましたが、”含み損を増やしているな”というのが自分の感想かな。
投機として原油ETFに多くの資金を投入している自分からすれば、そんなの織り込み済みですよ、といったところでしょうか。
今回のようなコメントでも、コメントは大歓迎です。
ですが、できれば、何でもいいのでハンドル名を入れて欲しいかな^^

●おまけ
少々恥ずかしいので桁のところは黒塗りしています。
リーマン・ショック時は、4年ちょっと含み損を抱えました。
今回の含み損は、どれくらい続きますかね?
1~2年、3~4年、いやいや5年以上、どうなることやら。1年以内に武漢肺炎が落ち着くなら、あまりに長くなることも少なかろうと思うところですね。
リーマン・ショック時の資産推移_R2

少しは興味あったと思われた記事なら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
  1. 2020/04/03(金) 20:29:31|
  2. 投資の話
  3. | コメント:10
次のページ

プロフィール

けむけむ

Author:けむけむ
投資日記のブログ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

【分配金(税引前)実績】
~~ 2017年 ~~
・2017年12月:4,044
~~ 2018年 ~~
・2018年01月:4,653
・2018年02月:161,670
・2018年03月:114,788
・2018年04月:451,040
・2018年05月:210,349
・2018年06月:424,879
・2018年07月:543,996
・2018年08月:486,176
・2018年09月:378,491
・2018年10月:477,878
・2018年11月:482,586
・2018年12月:419,039
~~ 2019年 ~~
・2019年01月:¥370,902
・2019年02月:¥444,802
・2019年03月:¥377,474
・2019年04月:¥373,030
・2019年05月:¥421,843
・2019年06月:¥346,305
・2019年07月:¥279,701
・2019年08月:¥243,068
・2019年09月:¥255,698
・2019年10月:¥188,230
・2019年11月:¥168,729
・2019年12月:¥168,900
~~ 2020年 ~~
・2020年01月:¥176,318
・2020年02月:¥125,205

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブログ (34)
お金の話 (29)
オーディオ全般 (1)
投資の話 (91)
マンションの話 (54)
食べ物の話 (2)
社会の話 (17)
映画の話 (5)
社畜の話 (0)
ソーシャルレンディングのお話 (455)
生活一般の話 (16)
分配確定 (0)
東京散歩 (7)
ソーシャルレンディング月次報告 (25)
資産公開 (0)
お酒の話 (8)
青色申告へ (1)
資産運用配分予定 (11)
サイクリング (0)
家計簿 (1)

アクセスカウンター

アフィリエイトリンク

私が利用している事業者のアフィリエイトリンクです


【SBISL】2000万円以上投資中
SBIソーシャルレンディング
【クラウドバンク】約1000万円投資中
クラウドバンク
【CREAL】約500万円投資中
CREAL
【楽天証券】メインで利用している証券会社。約400万円投資中
楽天証券
【楽天カード】使用中カードの1つ

【野村不動産アーバンネット株式会社】不動産売却時に参考にさせていただきました。

【A8.net】アフィリエイト

つぶやき

ランキング

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する